オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂3ー1

3 ようこそボランティア部へ

「あは〜。柚菜さんてそんな人だったんだね〜」

「そうなんだよ〜。は〜あ。あの日は散々な目にあったな〜」

 真子がボランティア部へ入部をした日の翌日。放課後の校舎。B棟へと続く渡り廊下。そこを歩く真子と千佳子。辺りに人の気配はない。廊下には二人の足音と話し声だけが響いていた。

「でもいいな〜。実くんに抱きついてもらえるなんて〜」

「いや、それを良いって思ってるのは、ち〜こぐらいだからね……」

「なんで〜? 実くんてちっちゃくて〜かわい〜じゃん」

「う、う〜ん。まあ小ちゃいのは確かだけど……カワイイか〜?」

「かわい〜よ〜。いいな〜、今日から同じ部活だもんね〜」

「う〜ん、そうなんだよね……今日から部活仲間か〜」

 苦笑いを浮かべる真子。柚菜があの日に告げた言葉を思い出す。あの後、すっかりいつもの調子へと戻った柚菜。でも少し柔らかい口調で真子に告げる。『じゃあ明日の放課後、ここで待っているわね』と。

「なんていうか、二人とも不思議な人だよな……上手くやっていけるのかな……」

「大丈夫だよ〜。私には二人ともすごく優しそうにみえるよ〜。きっとすぐ友達になれるって〜」

「う〜ん。だといいけどなー……」

「そうそう〜。あ、じゃあ私は三階だから〜」

 言われて前を向く真子。いつの間にかB棟二階の突き当たりまで来ていた。第4準備室はすぐそこ。つまり手芸部の千佳子とはここでお別れ。真子は不安の残る笑顔で、

「うん。あ、もし終わる時間近かったら一緒に帰らない?」

「わかった〜。終わったらメールよろしくね〜」

「オッケー、じゃあね、ち〜こ」

「うん〜。真子もガンバってね〜」

 元気に三階へと昇って行く千佳子。そんな彼女を見ていると自然と勇気が湧いてくる。真子は覚悟を決めて、

「うん。よし、行こう」

 引き戸をスライドして中へと進む。すると教室にはいつもの眼鏡美少女。これまたいつもの位置で何か本を読んでいる。どうやら真子に気付いた様子はない。真子はなんとなく静かに柚菜の前を通過。窓際の席へと荷物を置く。そして戸惑いながらも、

「えっと、こんにちは」

 柚菜は声に反応して上を向く。しっかりと真子を見つめ、普段の淡々とした口調で、

「あら、ちゃんと来たのね」

「はいっ。だって私もボランティア部員ですから」

「そう。なら期待しているわ」

 はい。会話終了。柚菜は再び本へと視線を向ける。近づきがたいオーラ全開だ。ものすごく話しかけづらい。真子は戸惑いを感じ押し黙ってしまう。

「……」

「……」

「……あの、柚菜先輩?」

「何?」

「私、もしかして失礼な事をしました?」

「……どうしてそう思うの?」

「いやだって、入部届けを出しに行った時はもっと笑ってたじゃないですか」

「ああ、あの時はあなたをからかうのが面白かったから。つい、ね。」

「なんですか、その理由……」

「だって、バカな人をみていると楽しいじゃない。愚かで」

「いや、それ絶対変ですから……」

「そう? まあとにかく、私は面白い馬鹿な人は歓迎しているから。だから安心していいわよ」

「むー……素直に納得出来ませんけど、わかりました……」

「ふふ、そう……」

 柚菜は少し微笑み視線を本へと戻す。どうやら歓迎されてはいるらしい。だが真子は思う。アレ? この人って以外と性格が歪んでない? と。しかし頭を振りその考えを一掃。仮にも今日から部活仲間。そういった蟠わだかまりはあってはいけない。アレな人だとしてもまず話をしなければ。真子はそう考えて話題を捜索。一旦席へと腰掛ける。そして柚菜の持つ本に注目。今までは小説や参考書だったが、今日は明らかにデカイ。おそらく何かの雑誌だろう。というより、真子はその表紙にすごく見覚えがあった。

「あれ? それって今月のVーLIFEじゃないですか?」

「あなた、この雑誌を知ってるの?」

「ええ、まあ。結構V系好きなんですよ。私」

「へえ、そうなの。私も好きよ。ちなみに好きなバンドは?」

「私ですか? えぇ〜と、『アンソルト』や『ゲストリンクフレーバー』、それと『ま〜さしとジャ煮ーズみたいな導師達』が好きですね。柚菜先輩は何が好きなんですか?」

 月刊LF。真子愛読のVヴィジュアル系音楽雑誌。まさか柚菜先輩も読んでいたとは。真子は以外な共通点に胸を踊らせる。もしかしたらこれで話のきっかけが出来るかも知れない。 真子はそう考えて、あえてメジャーなバンドを答えてバトンを回す。すると柚菜は、

「う〜ん。そうね、『遺伝子組換人間集団いでんしくみかえにんげんしゅうだん』とか、『異母爺いぼじ』。あと『薬漬物ークスリツケモノー』などが好きね」

 はい。無理でした。何一つ解んねぇ。ってか名前がなんか危険過ぎるだろっ! と真子は心の中で盛大なツッコミを入れる。もちろん声には出さないが。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です