このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー12

エンジェルゲートサムネ

「え? それ、どういう事なの?」

 輝希を見下ろし奇妙な事を言い出すレミ。すると彼女の代わりにレミが輝希を見つめて、

「ふむ、昨日の事は緊急事態だったからな。だから後で余計面倒な事にならないように、君以外の事故に関する記憶は全部なかった事にさせてもらった」

「ちなみに破損した車も現場も元通りですから。今度見学してきたらどうです?」

 こともなげに人知を超えた事をしでかしたらしい二人。まあ二人の正体を考えればそれは不思議な事でもないのかもしれないが。輝希は驚きながら、

「すごいな。天使ってそんな事も出来るんだな」

「とはいえこんな事は滅多にしない。だから安心しろ。私達は必要以上に下界に干渉はしないからな」

 と言いうっすらと微笑んだように見えたレミ。やはり時折彼女はこうして相手の心を見据えたような事を言い出す。だがこれで謎は解けた。だから蛍は昨日の事件について何も触れなかったのだろう。彼女も他の人と同じであの事故の事を覚えていないのだ。

 輝希が納得した様子なのが分かるとレミはミカの方を向き直り、

「さて、いくかなミカ」

「そうですね。死者ならともかく、生きている増田さんとはこれ以上関わるべきではないですから」

「二人とも……」

 そう言って突っぱねたような態度をとる二人。その言葉はわざと言っているようにも聞こえて輝希には思う。そうか、本来なら僕達は関わるべきではないのだと。だから敢えて彼女達はそう口にしているのではないかと。彼女達の言葉が、彼女達なりの気遣いに感じられてしまい輝希は目を優しく細めながら、

「ありがとう二人とも……元気でね」

 なんて言葉が自然と口から零れる。少し寂しい気もした。会って会話をしたのは一時間たらずだったが、そう思えてしまう程に二人の天使は印象的で、とても魅力的だったからだ。だが仕方ない、僕たちは住む世界が違うのだから。

「ふん。私達は何もしていない。感謝なんかおかしいぞ」

「そうですよ……あと私達の事は忘れて下さいね……誰かに言ったりしたらお仕置きですからね」

 と言って戯おどけるレミ。やはりその存在を公にするのは、彼女達にとって好ましい事ではないらしい。元々言いふらすつもりもなかったし、確かに忘れてしまった方が僕も寂しくないかもしれない。でも、それでもだ、

「うん、だれにも言わないよ……でも、僕は忘れないから」

「……ふ、そうですか」

 といってそっぽを見るミカ。彼女にしては珍しくふっと短くかすかに笑い、その心情は窺い知れない。彼女がそれを聞いてどう思ったかは分からないが、僕はずっとこの二人の事を忘れないだろう。だって、忘れてしまう事の方が寂しい気がしたのだ。もうしばらく、少なくとも本当に僕が死ぬ時までは二度と会う事などないだろう。それにその時だっておそらく沢山いる天使達の中から彼女達と出会う事が出来るのだろうか。願ってももう会う事は出来ない。そんな寂しい思いをするぐらいならいっそ、忘れてしまった方がいいんじゃないのか。でも僕はこうも思うのだ。

 こんな素敵な天使がいた事、それを忘れてしまう事の方が寂しいじゃないか、と。

「そうか……まあ口外しなければ、それは君の自由さ。好きにするといい」

「うん」

 そう言ってレミもまた輝希に背を向ける。相変わらず彼女の感情は読みづらかったが、でも最後にみせた表情はどこか嬉しそうにも見えた。まあ、これはただの輝希のそうあって欲しい。その思いが作り出した幻だったのかもしれないのだが。

 徐々にスウッと浮かぶ身体。その光景は不思議なもので、翼もないのに彼女達の身体は地面から少しずつ離れていくのだ。その姿はなんだかとても奇麗で、羽や天輪などなくとも、ああ彼女達はやはり天使なんだな、と改めて認識させられるものだった。

 さよならミカ。

 さよならレミ。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です