オリジナル小説

無料オリジナル小説 エンジェルゲート第5章ー2

エンジェルゲートサムネ

「えっ?」

 すると返ってきたのは意外な答え。ちなみに、天使は私用で人間と関わりを持つ事を許されない。と先程は言ったがミカは名目上、下界にいる天使のレミに連絡をとっているという事で未だに下界への干渉を許されている。なので姿こそ見せないものの、時折レミが天界にいる彼女と通話している場面がこの数ヶ月の間で見受けられた。とはいえ、あれ以来下界を一度も訪れなかったミカが再びこちらに来るのだ。輝希が何か問題があったのだろうか。と考えているとレミは続けて、

「うむ、天界は新年を祝う習慣がなくてな、下界は蕎麦やごちそうを食べたりするらしいと言ったら、『下界で年を越すのも過ごすのも悪くないかもです』とか言いだしてな」

「なるほど、相変わらず食い意地が張ってるんだね」

 なんともミカらしい理由に輝希は苦笑いを返した。とはいえ彼女の変わらない様子を聞くと呆れながらも嬉しいものがあった。

「増田」

 気がつくとレミはこちらをジッと見つめていた。その目は少女のものとは思えない程に深い、まるで心を見透かされているような感覚だった。輝希は思わず目を逸らしながら、

「どうしたの?」

「本当は違う事を考えていたのだろう」

 そう、こういう時のレミは鋭い。咄嗟に誤摩化そうとしても彼女には通用しないのだ。輝希は観念したように、

「……うん、蛍の事を考えていた」

 あの後、輝希は気になり遠藤来人という男の事を少しだけ調べた。

 遠藤来人。彼はこの畠山市の出身であり、あの中学校は彼にとっても母校だったようだ。

 彼はマニアックなファンからは定評のある映画監督だったようで、過激な作品を好むその筋の人からの人気はあったらしい。

 しかし、彼は10年程前に過去の過ちが公のものとなり映画界から失脚していったのだ。

 その内容は“中学時代、同級生に対して暴力行為を繰り返し少年を自殺に追いやった可能性がある”といったものや、役者やスタッフに対するぞんざいな扱い、その他の傷害事件等も明らかになり彼は完全に立場を失い監督業を引退したのだった。 

 そして今から約一年前、彼は自宅で遺体で見つかったそうだ。ニュースでは自殺と言う事で報道されたらしい。

 さよならヲのべる。その作品は彼が監督だった時の最期の作品であり、この街の出身と言う事で遠藤の一周忌を記念して上映されていたようだ。映画の内容は常人から見れば狂気というしかなかった。冒頭から殺人鬼である中年の男性が登場して次々に女子高生の首を鎌で切り落としていく、といった内容で、それが彼女の死と重なってしまい、輝希は10分程で見る事をやめた。

「……怖いんだ」

「怖い?」

 学校への道中、そう呟いて輝希は歩を進める足を止めた。

「うん。一度は気持ちの整理がついたのに、でも、駄目で……」

 ずっと誰にも言わずに堪えていた気持ち。しかし一度口に出した想いはせき止められていた水のように、輝希の心から次々に溢れ出していく。

「もう蛍はこの世にいない、それに彼女の命を犠牲にして僕だけが生きてしまった事。彼女の話が出る度に自分が責められている気がして……そして、また誰か大切な人を失ったら、って考えてしまったり……とにかく色々な事が怖くて……」

「……そうか」

 彼の気持ちを聞いたレミは静かに頷く。叱責するわけでもなく、励ますわけでもなく、ゆっくりと彼の気持ちを理解しようと目を閉じる。そして、

「増田よ……実は私も不安でいっぱいなんだ」

「え?」

 話を聞き終えたレミはふいにそんな言葉を口にした。そしてそれは初めて聞いた彼女の弱音。そんな素振りなど一度も見せた事はなかったので輝希は思わず聞き返してしまった。彼女は表情こそ普段と変わらないが、その声はどこか低く、

「私はしばらくは天界へ帰る事が出来ない。そしてこちらでは天使である事を隠して生きていかないといけない。知らない土地で、知らない人達と、全てが今までとは違うのだ」

 輝希はこの言葉を聞くまでレミは冷静で大人びた少女だと思っていた。でも違う、彼女は僕達人間のように色々な悩みを抱えている。種族さえ違えど、レミは輝希達と変わらない年相応の女の子なのだ。見知らぬ土地で、家族や仲間のいない世界で、その状況で平気なはずなどなかったのだ。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー6

2023年2月15日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 ううん、よくなんてならないの。  体調を聞かれて蛍はそう答えた。それは本当に手の施しようがない事なのか。  蛍自身が決め込んでいるだけで何か打つ手があるのではないの …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー9

2023年1月29日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「と、そういえば」 「どうした増田」  そこで彼は思い出した。今日はある特別なイベントがあることに。 「今日母さんが帰ってくるんだよ。2月ぶりにね」 「そ …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー13

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
心の中で二人の名前を口にする輝希。彼は徐々に迫るお別れを噛み締めるように、二人が天界へと帰っていく姿を静かに見つめ続ける。すると、  ゴンッ! 「うっ」「ったいです」 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー18

2023年3月29日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ふ、なるほど」  渡り廊下の内側の隅、そこにあったのは剥き出しのチクワが一本。天使の力の正体はどうやらこれのようだ、そしてこれがここにあるという事は、 「レミはこの …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です