オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂 2ー22

『まあ、一つハッキリしてることはあるな』

『何?』

『まずこの紙がすごいダサイ。捜索以前の問題だな』

 キッパリと言い切る和也。手で紙を広げて真子に改めて見せる。確かに手書きな上に、写真以外は黒一色。少し目立ちにくいかもしれない。しかし真子は、

『別にいいんじゃない? 私はこういう真面目な感じ好きだけど。誠意が感じられて』

『はあ〜あ。貧さん、ちょっと考えてみようぜ』

『いや、貧さんって何よ?』

 おそらく貧乳の意味だとは思う。だが自分でツッコむのは何となく嫌だ。なのでジト目で問い掛ける真子。しかし和也は完全に無視して、

『いいか? 仮にこの後、犬を捜すために街にこれを貼るとするだろ? そうしたら誰もこんなイモイ紙なんか見ねぇよ。スルーされて終わりだぜ』

『それは個人の見方でしょ……ってか、この人はもうそれぐらいはやってるんじゃない?』

『細かい事はいいんだって。とにかく俺はこんなダサイ張り紙は却下だ』

『はいはい。で、じゃあ何かアイデアあるの?』

『まあ一応な。でもここは真子も意見を出しておけよ』

『あっそう……え〜、じゃあさ』

『ん?』

『え〜とね』

 右腕を鞄の中に突っ込む真子。筆箱と白紙を取り出す。そしてカラフルな蛍光ペン達で、紙へおもむろに何かを書き出し、

『こうキラキラした感じのは? 良くない?』

 バン、と真子作のレイアウトを公開。そこには散りばめられた星々。目が疲れそうな色遣い。やたらと多いカタカナ。吹き出し付きの謎なキャラクターズ。つまり小学生発想の塊だった。和也はそれを見てうんざりしたように、

『はあ〜あ。何? 胸がないから、今度は元気ッ娘アピールか?』

『何よっ、誰もそんな事言ってないでしょ! 張り紙の話よ!』

『だってよ、これ装飾ばっかで肝心の内容が伝わらないだろ。大体このキモイ奴らは何だよ? モグラか?』

『キモイっていうな! 自作ゆるキャラよ!』

『はん、ゆるいのはお前の頭のネジだろ』

『むっか〜……じゃあそんだけ言うなら、和也は良いアイデアがあるんでしょうね?』

『ふふ、あるな。少なくともお前よりはマトモなのが』

『なっ! じゃあ早くみせてよ!』

『まあ待て。俺は今からちょっと出かけて来る』

『へ? どこに?』

『パソコン部のキモヲタ共に、俺の素晴らしい作品を作らせてくる』

『アンタ……また問題とか起こさないでよ』

『安心しろよ。相手が変な事しなければ、俺は何もしない主義だ』

『……それ相手が何かしたら手を出すって事だよね?』

『大丈夫だって。俺を信じて貧さんは大人しくここにいな』

『なっ! 誰が貧さんだっ!?』

『ははっ、じゃあな貧さん』

『だから貧さんって言うなっ!』

 抗議も虚しくあっという間に走り去って行く和也。真子はポツンと一人で教室に残される。

『はあ〜あ、アイツはもう〜……』

 真子は不安と苛立ちから深いため息をつく。そして再び頬杖をついてグラウンドを見下ろしながら、

『まあでも、今に始まった事でもないか……』

 いつの間にか日常になっていた。こうして和也と話す事。一緒に過ごす事。共に笑ったり怒ったりする事。そして振り回される事。それが真子の当たり前になっていた。

『まあ、暇つぶしになるからいいんだけどね……』

 自分で口に出して気付く。それは嘘。確かに初めはそれぐらいの気持ちだった。だが現在は違う。そう、今やこの時間は真子にそれ以上の意味を与えていた。

『あ、香奈』

 ぼんやりと見つめていたグラウンドの様子。サッカー部の集団。その中に一際動きのいい少女を見つける。。かつての部活仲間。優しい部長。真子の運動神経を認めた一人。割と仲も良かった。だが今では互いにぎこちない関係になってしまった。真子の退部が原因だ。

『君が何を考えているのか解らない……か』

 不意に思い出して真子は呟く。退部間際に香奈が告げた言葉だ。『もうなんだか冷めちゃった』。そう言った真子に対して、香奈は悲しみながらそう告げた。信頼を裏切られたような顔で。微かに苛立ちを込めてそう言ったのだ。そして、真子はそれに対して何も言い返さなかった。いや言い返せなかったのだ。なぜなら、

『そんなの、私にだってわからないよ……』

 そう解らないのだ。なぜ、あの時あんなにも部活が苦しく感じたのか。なぜ、急につまらないものに思えたのか。そして、なぜ今はグラウンドの香奈達に憧れを覚えるのか。真子には全て解らない。思考は巡るばかり。だが、一つだけ言える事があった。

『……でも……今いる場所も嫌いじゃないかな』

 微かに笑みを浮かべる真子。退屈を感じないと言えば嘘になる。だがここから眺める景色。流れる秋風。静まり返った教室。真子はそれらを気に入っていた。だって、ここには和也が来てくれるから。

『彼女。か……』

 先程の和也が言った冗談を思い返す真子。本気にしてしまった事を恥ずかしく思い顔を赤らめる。本当はどんな言葉を期待していたのだろう。なんとなくそんな事まで考えてしまう。そして、自分でも完全に無意識のまま、

『どうやったらなれるんだろう。彼女に……』

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー6

2023年2月4日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「増田さん、これなんです?」 「ああ、これはヘッドホンだよ」  イヤホン売り場を二人であれこれ見ていると、ミカが不思議そうな顔をして箱に入った商品を手に持つ。黒色の両 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー5

2023年2月4日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「あー。これとかよくないですか? 増田さん」  マサシ電気店内、ミカと店内を物色し出してから20分経過。そして30回目の『あー。これとかよくないですか? 増田さん』が出た瞬 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー7

2023年2月4日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「あ、いやそうじゃなくて」  と隣を不安そうに振り返る輝希。するとそこには想像の斜め上を行く光景が。 「あ、あ、ま、増田さんのか、彼女、彼女? 私が? 嘘だろうが、お …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー4

2024年5月26日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「はい……何ですか?」  すうっ、と柚菜は息を吸い、 「あなたは“すごいVヴィジュアルボーイ・ま〜さし”が好きで月刊VーLIFEの質問コーナーに投稿して、意味の解らな …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー4

2023年2月4日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 なおも疑いを緩めないミカ。まあ、でも店内を少し回ればそんな生物がいない事ぐらいわかるだろう。 「ホントだって。さあ入り口にずっといたって邪魔だろ? 早く入ろう」 「 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー17

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「じゃあこの人がご主人のーー」 「ちょっとやめて。今変な事言わないで。思い出したようにご主人とかやめて」  輝希がモタモタしていたら爆弾達は勝手に動き出した。まるで事 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー18

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……」  まさかの同棲宣言に沈黙する蛍。僕達から一歩退きその表情も少し引きずっていた。かと思いきや、 「へえ〜、そんな深い関係なんだ〜。輝やる〜」  といつも …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です