このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー16

エンジェルゲートサムネ

「それは、確か」

「ああ、マーガリンだ。朝ミカの奴が持っていてな。使えると思って持って来た」

 そう、レミが手に持っていたのは朝ミカがパンに塗っていたマーガリンの箱だ。つまりイワンを攻撃したのはマーガリン。当然イワンは疑問に思う、当たり前だが通常のマーガリンといわれる食物にそんな力はない、レミの天使の能力が伝わっているのは間違いない。だが彼女の力は練り物と言われる魚肉を練って作られた食品を媒体とするはず、マーガリンはその限りではないはずだ。

「勘違いするなよ。私が戦闘に能力を使わないのは“アイツ”やお前がいたからさ。私が攻めにいく必要がなかったからだ」

 上司であるレミが現場に出るときは必ず部下であるイワンか“彼女”のどちらかが同行していた。だからレミは積極的に闘いに参加する必要がなかったのだ。

「それに媒体についても勘違いをしているぞ。普段は固化した物の方が扱いやすいから使っているだけだ」

 イワンの爪を切り裂き床へと落ちたマーガリンは再びレミの手元の箱へと戻って行く。その動きはまるで生物のよう、色も彼女の力が伝わっているせいだろう、通常のマーガリンよりも白く淡い光を放っているようにさえ見えた。

「お前の言う魚肉の練り物というのはあくまで私の扱える物の一つ。私の媒体はペーストの物。固化した物も含めてな。つまり流動性がある粘性物質も自由に操る事が出来るんだ」

 練り物。それは曖昧な言葉だった。一般的にはイワンの言う様な魚肉製品を指すのだろうが、何もそれだけが練り物ではない。和菓子の羊羹や合成樹脂などを練り固めた物もそうよばれるし、祭礼で町を練り歩く行為も練り物と言われている。まあその行事は別としても、レミの媒体のなる物の範囲は広くレミでさえ全てを把握してはいない。だから彼女は初め述べた魚肉の練り製品と、こうしたペースト状の物を自分の媒体として認識しているのだ。

「ふむ」

 箱から飛び出たまるで鞭のようなそれは再びイワンを襲う。しかし先程のような不意打ちでなければ避けるのはそこまで困難な事ではない。だが受け止める事は難しいだろう。レミの力が通っているそれはもはや鋭利な刃に等しい。下手に触れば小指の爪のように切り落とされるのは必然だろう。イワンが避けるしかない限り、こうして距離をとり攻め続ければ戦況はレミの方に傾いてきたようにも見える。しかし、不思議とイワンの心は先程よりも沸き立っていた。

「嬉しいよレミ、やはり君はいい。君は力も優秀だったようだ」

 彼女の力が込められたペースト状のものを宙に舞わせるレミ、その姿はイワンから見れば白く輝く羽衣を纏う天女のようだった。

「そうか」

 褒められようともレミは攻撃の手を休める事はしない。むしろ今の化物のようなイワンに言われても薄気味悪いだけだった。

「ますます君をーー殺したくなった」

 しかしその苛立ちが僅かな隙を作る。粗くなった攻撃の隙間を彼は見逃さない。

 悪魔イワン。何も強力になったのは力だけではない。身体能力も以前とは比べ物にならなかった。

「くっ」

 油断。伸ばしたペーストを強く飛ばし過ぎた。手元へと戻し遅れた僅かなタイミング。そのほんの微かな時間で気付けばレミの顔もとにイワンの手の平は迫っていた。

 イワンの力、その効果は距離と対象の感情の大小で決まる。ならばその距離がゼロならば。今の焦燥しているレミに、ゼロ距離で能力を使えばどうなるだろうか。

「ああああっ」

 イワンの長く黒い爪に鷲掴みにされた、脳から伝わるのは鈍い頭を抉られるような感覚。しかしそれは先程とは比べ物にならない痛みだ。痛い。頭が軋む。イワンめ。そう言った苦しい、怒りといった思いがさらなる痛みを生む。何とか平常心を保たなければ。焦るレミにイワンは、

 そして流しこもうではないか。

 怒りを。

 殺意を。

 レミに、彼女に僕の愛をーー

 

「なっ……」

 次にレミの脳を襲ったのは痛みではなかった。

 彼の左手から伝わってきたのは感情。自分のものではない感情が自然に自分のものと化していく不思議な感覚。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です