オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3−7

え? 私のやりたい事ですか?」

「ええ。まあ初めの内は私達の活動を見ていればいいんじゃない? 慣れてきたらその時にまた決めればいいわ」

「確かにそうですね。まだ解らないことだらけなのでそうしたいと思います」

「じゃあこれで活動についてはわかったな」

「はい。とりあえずは大丈夫です」

「よし。なら他に気になる事はあるか?」

「気になる事……あ、じゃあ質問なんですけど」

「何だ? 言ってみろよ」

「はい。えっと、ここの部長って柚菜先輩なんですよね?」

「そうよ。ちなみに作ったのも私だわ」

「あ、そうなんですか?」

「ええ。それがどうかしたの?」

「いや、どうして部長をやってるのかな〜って思って」

「それは……」

 ほんの少し暗い面持ちを見せた柚菜。だが次の瞬間には いつもの表情になり、きりっとした顔で堂々と、

「一人になれる場所が欲しかったからよ」

 よく解らない動機に呆気にとられる真子。気の抜けた声で、

「あれ……なんか意外と不純した理由ですね」

「ええ、そうよ。ちなみに一人になれるなら何でも良かったの。だから“珍棒ちょんぼ地蔵祭り研究会”とか“ゴアグラインド重音部”も申請したんだけど却下されてね。それでこうなったの」

 何と無しに言った柚菜。だが入部前にやる気云々を言われた真子としては複雑な心境。拍子抜けした気分。なんかここだけ聞くと柚菜先輩って随分とダメ人間だよな、とも不安に思う。真子は若干呆れながら、

「へ、へぇ〜〜……ん? でも今って一人じゃないですよね?」

「そうなのよね……設立後すぐに実が来て、二人になってしまったわ」

「おっ、ついに俺のエピソードが語られる時がっ!」

「ええ。あなたが邪魔しなければ私は一人でいられたのに」

「ええっ! そんな!!」

「ふふっ。冗談よ……ほんの少しだけは感謝しているわよ」

「マジか!? ついに柚菜が俺の存在を認めてくれる時がっ! よーし! じゃあキスしようぜっ!!」

「ほ〜んと、そういうところがなければね〜」

 笑顔の柚菜。キス顔でダイヴしてきた実の後頭部を華麗にキャッチ。そのまま床へズドン。椅子に座ったまま腕の力だけで実を屈服させる。そして再び万力のように徐々に力を込めていく。実は床にキスをしながらジタバタして、

「へぶっ! ひぃぃいー! 真子〜! ヘルプミ〜!!」

「なんか今のは明らかにセクハラだと思うんで、助けたくないです」

「そんなぁー!! うぉおぉお! 俺のジャ煮顔がぁあ! ゲシュタルトと一緒に崩壊するー!! ああぁあぁ!!」

 そして実は死んだ。ぷしゅ〜、と音を立てて完全に床へ倒れ伏した。柚菜はすごく生き生きとした顔で、

「ふふ。あ〜。すごくスッキリしたわ」

「はい……確かにスゴい笑顔でしたもんね」

「ええ。こう言う意味では人が多いのも悪くないわね。あなたもイタズラのしがいがあるし」

「むう……私は別に柚菜先輩にイタズラされるために入部したんじゃありませんよ」

「ふふ、そう……なら、ここがあなたにとっても素敵な場所になるといいわね」

 そう言いイタズラな普段よりも幼い笑みを浮かべる柚菜。もしかしたら、この人はふざけていてもしっかりと部活の事を考えているのかもしれない。彼女の笑顔を見ているとそんな風にも思えてしまう。だから真子も薄く微笑んで、

「ふふ。そうですね」

「ええ。じゃあ……そうね。次回の活動内容を決めて今日は解散しましょうか?」

「あ、はい。そうしますか」

「さて。ほら、起きなさい実」

 身を屈めた柚菜。椅子の上から実の頭をツンツンと突つく。すると小さく消え入りそうな声で、

「……もうアカンて」

「アンダンテ?」

「いや何でそうなるんですか。多分アカンって言ったんですよ」

「あら、そうなの? てっきり緩やかな速度で殴り続けて欲しいのかと」

「どんだけSなんですか」

「ふふ。冗談よ。ほら実。ふて腐れてないで早く起きなさい」

「嫌。なんか奥歯がすごい痛い。帰りたい」

「だから、次の活動内容を決めたら今日は解散だから。早く起きなさい」

「やだ〜!!! 今すぐ帰りたい!! 帰りたい! 帰りたい! 帰りた〜い!!!」

「急に面倒くさいなこの人!!」

 いきなり駄々をこね始めた実。真子は思わずツッコむ。だが彼の耳には届かない。実は床に伏した状態で手足をバタバタさせながら、

「ふ〜んだっ!! いいもんっ! 柚菜が相手してくれないならグレてやるもんね! 思いっきり困らせてやるっ!」

「いやいや。そんな事しても逆効果ですから。早く起きた方がいいですよ」

「うるせー!! 寿司でも御馳走してくれないと俺は静まらねぇぞ!! どうだ参ったか柚菜!!」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー8

2023年1月24日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 テーブルにがくっと項垂れるレミ。どうやらその赤いなんとかが見れずに落ち込んでいるらしい。でもなんで今ここでそれを言うのだろう。輝希は戸惑いながら、 「で、さっきからその、 …
多部未華子さんと付き合いてえー 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集15

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 多部未華子さんと付き合いてえー 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは  …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー9

2023年1月29日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「と、そういえば」 「どうした増田」  そこで彼は思い出した。今日はある特別なイベントがあることに。 「今日母さんが帰ってくるんだよ。2月ぶりにね」 「そ …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー8

2023年2月22日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 ギリッと変わり果てたイワンを睨みつける二人。敵意をむき出しにされている。しかし彼は余裕を崩さない。ニタニタとした笑い顔を浮かべたまま、 「僕は、僕は会いたかったよ、うん。 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー2

2023年2月11日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 珍しく言い淀む鈴木。そして彼は少し間を空けてから、 「死亡報告にはこう記されている。悪魔イワンに殺されて死亡とね」 「イワン! それに悪魔ってとこは!」  悪 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー14

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
うん。こんな気持ちでは彼女達を送り出せそうにない。ならばせめて彼女達が困っているのならば助けてやるべきだろう、と彼は考える。 「はあ……仕方ないなぁ。いいよ泊まっていきなよ …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー21

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ぷ」  輝希がしばらく一人であれこれ考えていると、またもや彼女の口から、ぷ、と少しずつ空気が漏れ始めた。 「バーカ。冗談よ」  そう言って舌を出す彼女。その様 …
ガッキーと付き合いてぇ 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集17

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 ガッキーと付き合いてぇ 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌 …
オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー5

2023年1月24日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
翌日3月7日。彼は自室で目を覚ました。学校に寝坊しそうになった時みたいにバッとベットから上体を起こしてあたりを見渡す輝希。そこにはまるでいつのも様に自分の部屋が広がっていた。なぜ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です