オリジナル小説

無料オリジナル小説 エンジェルゲート第5章ー1

エンジェルゲートサムネ

5 天使達と僕の新しい日々(エピローグ)

 

 蛍。君はもう新しい命としてこの世界に生まれてきているのだろうか。

 僕の暮らすこの地上のどこかに君はいるのだろうか。

 でも、もし僕達が出会ったとしても、君は僕の事を覚えてはいない。

 そして、僕も君だって気付く事はおそらくないのだろう。

 それに、それは君であり君じゃない。決して僕の好きだった蛍ではないのだ。

 だから僕たちが会う事はもう二度とない。

 でも、それでも僕は気がつくと君の事を考えてしまうのだ。

 

 ジリジリと照りつける夏の日差し、無数に鳴り響くセミの鳴き声の中、輝希は朝の空を見上げながらぼんやりとそんな事を考えていた。

 蛍の死、あれから数ヶ月の時が経った。

 結果から言うと、彼女は死亡したのではく行方不明として世間に認知されていた。

 天使は私用で人間と関わりを持つ事や、その正体を明かす事を許されない。下界で人間との生活を余儀なくされていたレミとミカは別としても、そのルールは絶対だ。だからイワンという者の正体を公にする事は出来ないらしい。都合のいい話の気もしたが、しかし悪魔に殺されてしまったと正直に言ったところで誰も信じはしないだろう。

 だから蛍はイワンに殺されたあの日、家を出たのを境に消息が途絶えた事になっていた。

 彼女が行方不明になった事は未だに多くの人の心に爪痕を残している。彼女ーー赤土蛍は本当に沢山の人に愛されていた。そして輝希は彼女の話題が出る度に思うのだ。

 蛍はあそこで命を落としていいような人ではなかった、僕のために死んでいい人間ではなかったのだ。

 本当はーー僕が死ぬはずだったのに、と。

「増田のマスター、またせたな」

 そう言って増田家の玄関から歩み寄って来たのはレミだった。

 褐色の肌に均整のとれた綺麗な顔立ち、それにまるで人形のような小柄ですらっとした体系、とその美少女ぶりは以前と変わらない。だがレミには幾つかの変化があった。

 その一つは彼女が畠山高校の制服を来ている事ーーつまり彼女は畠山高校に編入したとういう事なのだ。

 レミは輝希と魂が混じりあってしまい、彼が生を終えるまでは天界へと帰る事が出来なくなってしまった。そこで彼女が選んだ道は、人間の少女のように生きて行く事だった。

「うん、じゃあ行こうか」

 玄関の鍵を閉めて輝希の横に並んだレミ、その頭髪は以前のような腰まで伸びた艶やかな長髪ではく、肩程までのショーットカットになっていた。

 天使として生まれ育ってきた天界を離れて下界で何十年と過ごさなければいけない。それにこちらでは天使という自分の正体を明かす事が出来ない上に、その役目を全うする事も出来ない。レミはこれまでとは全く違う生活を強いられる事になったのだ。下界に暮らすようになりレミには色々な苦悩や考える事があったのだろう。でも、それでも彼女はこちらの世界で輝希と共に生きていかなければならないのだ。だから彼女のトレードマークでもあった長髪をばっさりと切った事、学校へ通い始めた事はレミの決意の表れなのだろう。

「増田、君はさっき何を考えていた?」

 レミと並んで学校までの道のりを歩いていく、この数ヶ月ですっかりと見慣れた光景だった。そして道中、ふとレミはそんな事を聞いてきた。どうやらさっきぼんやりと考え事をしていたのを見られていたのだろう。彼は少し答えに困った、正直に答えるならば蛍の事を考えていたのだが、輝希は彼女の話題を出す事を避けるようになっていたのだ。だからとっさに、

「いや別に……そういえばミカは元気にしてるかなって思って」

 それとレミの事ではないがもう一つ変わった事があった。

 それはもう一人の天使ーーミカが天界へと帰ってしまった事だ。

 結局彼女が天界に帰れなかった理由は、ミカ自身の思い込みが原因だったのだ。レミは輝希と魂が混じり合ってしまい天界へ帰る事が出来なくなってしまった、それを聞き自分もそうなのだろうとミカは先入観を抱いてしまい、天界に昇ろうとする際に力を無意識に抑えてしまっていたのだ。今にして思えば鈴木やレミが言っていた『彼女が馬鹿だからとしか』という意見は案外的を得ていたようだ。

「ミカか。そういえば年末にはこちらに姿を出すといっていたぞ」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー12

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「え? それ、どういう事なの?」  輝希を見下ろし奇妙な事を言い出すレミ。すると彼女の代わりにレミが輝希を見つめて、 「ふむ、昨日の事は緊急事態だったからな。だから後 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー6

2023年2月15日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 ううん、よくなんてならないの。  体調を聞かれて蛍はそう答えた。それは本当に手の施しようがない事なのか。  蛍自身が決め込んでいるだけで何か打つ手があるのではないの …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー5

2024年6月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「いや、なんの略語でもないですよ。これでフルネームですから」 「オレわかったよ! 私の取り巻きは全員マッコイズの略だね!(キリっ)」 「……」 「……よし。これ …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー17

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「じゃあこの人がご主人のーー」 「ちょっとやめて。今変な事言わないで。思い出したようにご主人とかやめて」  輝希がモタモタしていたら爆弾達は勝手に動き出した。まるで事 …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー2

2023年4月27日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「お〜〜、ち〜こ。おはよ〜」  身体を起こし、真子は笑顔で手を振る。 「おはよ〜、真子〜」  少女ーー水澄みすみ千佳子ちかこは真子に笑みを返す。茶色のふわっとし …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です