オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー22

エンジェルゲートサムネ

「急に、何を?」

 立ち止まりこの場に相応しくない落ち着いた態度で話し始めるレミ。狙いは時間稼ぎか、それとももう闘いを諦めてしまったのだろうか。だがレミの目はジッとイワンを見つめたまま。その瞳から闘志は消えてなどいなかった。イワンは不審に思いながらも、

「ああ。事故の時、少年の魂は不完全な復活をした。だから無意識にレミの魂を取り込んだんだろう」

 あの日、イワンの手により輝希は蛍の魂を使い命を取り戻した。しかしその魂は人間の物としては未完成なものとなってしまった。そこで近付いて来たレミの魂を無意識に取り込んでしまい、結果二人の魂は離れていても結合状態のようになってしまったのだ。

「そうだ。その時に私の魂の幾分かは増田に持ってかれたような状態になってしまった」

 レミの魂を取り込んだという事はつまりそう言う事だ。そして当然輝希に移された分だけレミの魂の量は少なくなった。その状態でも普通に生活する際には特に支障はない、しかし、持っていかれた分だけレミの力が弱体化したのは事実、それはイワンのような強者との闘いではより明白になってしまう。

「それ以来、増田が側にいないと私本来の力が出せなくてな」

 結合状態。それは二つ以上の物が結び合っている状態、つまりレミの魂は完全に輝希の魂として取り込まれたわけではない事を示している。ならば輝希、自分の魂の片割れが近くにある場合それは、そう、それはまだレミの魂としても機能するのだ。

 レミの攻撃はイワンに全て躱されてしまう。

 しかし、その言葉はあくまでさっきまでの力ならという事だ。

「……何?」

 レミの物言いにピクリと頬を引き攣らせるイワン。そして反応を示したのは何も表情だけではない。イワンの無数の目が怯えているのだ、どれもが生物のように身を震わせている。先程とは比べ物にならない力を帯びていくレミに彼の身体は無意識に反応していたのだ、まずい、何かが起きる。イワンは廊下の窓ガラス側へと身を振り返る、そのまま壁を通り抜け校舎の外へ出ようとするが、

 しかし、もうそれは間に合わなかった。

「じゃあな、イワン」

 レミはペーストを己の右腕に螺旋状に纏わせる。まるで生き物の様なそれはレミの力に反応し先程を超える白い輝きを放つ。神々しくも見えるそれを構えて力を解放したレミは短く、

「これでさよならだ」

 

 それはさながら抜刀術のようだった。

 瞬間、振りかざしたレミの手から放たれたペースト。それはまさに閃光。。そしてイワンは自分の身に何が起きたのかをすぐに理解する事が出来なかった。

「なっ」

 という声を発している上半身。それは既にイワンの下半身とは繋がっていなかった。そして彼の視界に写るのはなぜか天井。仰向けになった自分の上半身、支える力を失い倒れる先程まで繋がっていたはずの下半身、それらを見てイワンはようやく理解した。自分の身体が真っ二つに切された事を。 

「ま、さか、ここまでの力とはな」

 レミが輝希を囮にした本当の目的。それは奇襲、イワンの弱点を付く事、戦闘力の高いミカに接近戦を委ねる事、それも作戦の内なのだろうが彼女の本命は、

 少年を近くに置いてレミ本来の力を取り戻す事だったというわけか。

「ふはははっ!」

 廊下に崩れ落ちたイワンの肉体。その上半身から発せられたのは気が触れたような笑い声。既に勝敗が決まった事を感じ取り何かが壊れたのだろうか。しかしその笑い声は先程までのイワンとは少し雰囲気が違って見えた。

「ちっ、くそっ、くそう、まさか、まさかこんなことろで僕の復活が終わってしまうとは……まだ、まだ、たくさんの悲劇、痛みを生む予定だったのに……」

 遠藤来人。イワンが取り込んだ彼の記憶が悲鳴を上げる。第二の生を得たと勘違いしたそれは嘆くのだ。愛、悲劇、これからもたくさんの痛みを生む事が出来たのに、と。もう彼の人生はとっくに終わっているにも関わらず、それは強欲にも記憶だけになろうとも、その想いは求める事を止めなかったのだ。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
ガッキーと付き合いてぇ 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集17

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 ガッキーと付き合いてぇ 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー6

2023年1月24日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 輝希は拍子抜けしてしまった。天使、そんな冗談みたいな言葉が出たからだ。まあ確かに二人とも比喩として使われる天使のような可愛さではあった。でもだからと言ってこの二人を空想上の天使 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー18

2023年2月1日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「まあ一旦落ち着いたら? ほらお茶」  視線を元に戻すと、蛍がミカにお茶を差し出しているところだった。ミカは先程よりも大分落ち着いた様子で、 「あ、ありがとうございま …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー5

2024年6月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「いや、なんの略語でもないですよ。これでフルネームですから」 「オレわかったよ! 私の取り巻きは全員マッコイズの略だね!(キリっ)」 「……」 「……よし。これ …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー16

2023年3月27日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「それは、確か」 「ああ、マーガリンだ。朝ミカの奴が持っていてな。使えると思って持って来た」  そう、レミが手に持っていたのは朝ミカがパンに塗っていたマーガリンの箱だ …
大石浩二先生山口めろんさん結婚おめでとうございます 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集14

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 大石浩二先生山口めろんさん結婚おめでとうございます 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バト …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー12

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「え? それ、どういう事なの?」  輝希を見下ろし奇妙な事を言い出すレミ。すると彼女の代わりにレミが輝希を見つめて、 「ふむ、昨日の事は緊急事態だったからな。だから後 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です