オリジナル小説

無料オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー24

「もう、お別れのようだな……」

 よく見るとイワンの身体は薄く光りに包まれており、彼の身体は先端の方からまるで光の粒にも似たものへと変化して天井辺りまで昇ったところで霧散していく。どうやら彼の肉体も最期の時が近づいて来たようだ。イワンは最後にレミへと、

「レミ、地獄の果実には手を出すなよ。絶対にな」

「ああ、当たり前だ。馬鹿者が」

 馬鹿者。そう呟いたレミの表情は怒っているように見えた。だが当然だ、オレはバカだった。地獄の果実に手を出せばこうなる事はわかっていたのに。それなのに自分を押さえる事が出来なかった。しかし口に出したもののレミにその心配は必要ないだろう。だって、彼女はオレなんかよりもよっぽど強い少女なのだから。

「そうか……それもそうだな」

 そして、それが悪魔、いや天使イワンの最後の言葉となった。

「当たり前だ……イワンのバカが……」

 蛍の時と同じくイワンの肉体はまるで粒子のように頭上へと消えていく。神秘的にも見えるそれの最後の一粒が天に昇った時、レミは一人ごとのように呟いた。でも気のせいだろうか。言葉の内容とは裏腹に、

 

 彼女の横顔が酷く悲しそうに見えたのは。

 

 

「蛍、終わったよ」

 イワンの最後を見届けた後、三人は再びグランドを訪れた。消えて行った彼女ーー蛍の衣服を回収するためだ。輝希は屈んで蛍の上着を掴もうとして、そこである事に気付いた。

「あ、これ……」

 輝希は今日、蛍はあの日と同じ格好をして来ていると思っていた。

 でも一つだけ違うところがあったのだ。

 それはネックレス、服の下に隠れており気付かなかったが蛍は着けて来ていたのだ。あの日、輝希がプレゼントしたバーリー・イースのネックレスを。

「蛍……」

 彼はネックレスを右手で強く握りしめて、そして祈る様に目を閉じた。

 

 蛍、さよなら。

 ……。

 蛍、また会えるよね。

 君が生まれ変わっても、また会えるよね。

 蛍……。

 蛍。

 じゃあね。

 彼は何度も心の中で呟く。愛する人の名前を。

 もう会える事なんてないと本当は理解しているのに。

 忘れてしまえれば楽なのに。

 でも、忘れる事なんて一生出来ないから。

 だから輝希はずっとこの先も蛍の事を想い続けるのだろう。

 

 そして月日は流れていく。例え少年がどんな想いを抱いていたとしても、時は変わらずに過ぎ去っていくのだ。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です