オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー13

エンジェルゲートサムネ

「……蛍ちゃん」

「え……」

 時が止まったとは、まさにこの様な状態を言うのだろう。部屋からはテレビの音だけが流れており、次の瞬間ボッとまるで効果音が聞こえてきそうな勢いで蛍の顔は真っ赤に染まった。きっとそれは彼女にとって完全な不意打ちだったのだろう。彼女の顔は色もそうだが表情も、笑っているのか怒っているのか、とにかく見た事もないような表情になっていた。輝希はそれを見て自分が何を言ったのかを改めて自覚。

 言った、言ってしまった、好きだ、好きな人だって、言っちゃった。カア〜と茹だったように彼の顔も赤に染まっていく。バクバクと波打つ心臓。カチカチと動く時計の秒針よりも遥かに速いペースでそれは輝希の身体を揺らしていた。

「へ、へえ〜、そっか……」

 それからどれだけの時が流れたのだろうか。実際にはものの数分しか経ってないのだろうが、見つめ合っていた時間はやけに長く感じた。不意にそう呟き蛍は彼から身を離す。その顔はまだほんのり赤い。

「そうなんだ……でっ、でも私は輝ちゃんは嫌だな〜」

 少し戸惑った様子でコントローラーを握り直す蛍。そっぽを向きながら言ったその言葉には、正直輝希はショックを隠せなかった。

「え、どうして?」

 眉をひそめて不安そうに蛍を見つめる輝希。ゲームは再び再開されたが、ぶっちゃけそれどころではなかった。やはり蛍ちゃんは僕など眼中にないのだろうか。

「だってさ、輝ちゃんて体力ないし、何やっても私よりも弱いし、あ、勉強は入れちゃ駄目だからね……とにかくさ、なんか頼りないんだもん」

 タイミングが良いのか悪いのか、ゲーム画面にはゲームセットの文字。これで輝希の10連敗が決定した。確かに輝希は運動でもゲームでも蛍に勝つ事が出来なかった。でもそれは別に輝希が弱い訳ではなく彼女の運動神経が良すぎるのだ。実際他の男子と競っても大体の連中に彼女は勝利するだろう。それに勉強を入れないというのは少々理不尽ではないか。と輝希は思いもするが、それは言い訳でしかないなと考えを一蹴する。

「他の子はそこが可愛いっていうけど私はいや。もっと男らしい子が好き」

「じゃあ……じゃあさ、」

 なんとか一勝でも上げなければ格好がつかない。輝希は悔しくて再戦にカーソルを合わせる。そして彼はキャラクターを操作しながら、

「僕がもっと頼りがいのある男になったら付き合ってくれるの?」

「え……えと、それは」

 ピクと少しの間、彼女のキャラクターは動きを止めた。それに気付き輝希も手を止める。今攻撃するのはフェアじゃない。すると彼女は数回目を戸惑った様子で左右させてから、また機敏に女忍者を操作しながら、

「い、いいわよ。まあ無理だとおもうけど。いいわっ、もし私がそう思えた時は私の方から告白するわっ」

「ほっ、ほんとに?」

 思わず上擦った声が出てしまう。だがそれだけ、いや言葉で言い表せれない程に嬉しかった。絶対に彼女に似合う男になってみせる。そう考えるとコントローラーを握る手にも俄然力が入る。が、結果は彼の11連敗。この分じゃまだまだ先になりそうだな、とかなり落ち込んだ。通算11個目の勝ち星を上げた蛍は、コンテニュー画面にゲームが移った所で照れを隠すように、

「ま、まあ輝ちゃん。飽きっぽいからすぐに新しい子見つけちゃうかもだけどねっ」

 本当はそんな事を思ってなどいなかった。彼女は知っていた。彼はそんな性格ではないと。そんなすぐに心変わりをする人ではないと分かっていた。だってずっと物心つく前から一緒にいるのだから。でも素直になれない彼女はついそんな風に言ってしまうのだ。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー16

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ぶ〜。私は絶対レミちゃん狙いだと思ったんだけどな〜」 「僕はミカも可愛いと思っているよ」  なんだ〜、といった様子で頬を膨らませるミカ。そんな彼女に対して輝希は優し …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー9

2023年2月26日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
『輝希はこんな事で死んじゃ駄目なの。彼にはもっと多くの事を知って欲しいの』  そんな彼女のーー蛍の聞こえるはずのない声が聞こえた気がした。  心の中で何かが崩れた気が …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー16

2023年3月27日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「それは、確か」 「ああ、マーガリンだ。朝ミカの奴が持っていてな。使えると思って持って来た」  そう、レミが手に持っていたのは朝ミカがパンに塗っていたマーガリンの箱だ …
オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー15

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「なんです? 突然。蛍って誰ですか?」  彼の独り言に反応したのは右隣にいたミカだった。彼は奇麗な顔を近づけて輝希を見上げる。輝希は今から言う事に対してちょっと気恥ずかしく …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー13

2023年5月31日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ふう……全くあの人は」  呆れ顔で実を眺める美子。そして振り返り、真子を真剣な瞳で見つめて、 「……真木」 「え? なに?」 「あんた……この勝負、勝て …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー16

2023年2月1日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「輝希が生まれて口にした言葉がね、ぷっ、これが可笑しくて、なぜか“ちくわ〜”って急に喋りだしたらしいよ」 「むう……やはり増田は練り物と何かしら関係が」  と、お前が …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂3ー1

2023年8月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
3 ようこそボランティア部へ 「あは〜。柚菜さんてそんな人だったんだね〜」 「そうなんだよ〜。は〜あ。あの日は散々な目にあったな〜」  真子がボランティア部へ入 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー15

2023年3月21日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
当然だ。だってイワンは元の場所から一歩も動いてはいないのだから。ただその場で長い爪で自分を傷つけぬよう軽く拳を握っただけだ。ならばその痛みの正体は、 「ふん、私の怒りの感情 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です