伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集14

※この記事はフィクションです。

大石浩二先生山口めろんさん結婚おめでとうございます
大石浩二先生山口めろんさん結婚おめでとうございます
平安詩人バトルロワイヤルとは

平安詩人バトルロワイヤルとは

和歌全盛期に行われた最強の詩人を決めるために政府によって行われた
オールジャンルの詩人によるバトルロワイヤル形式の大会である

ただ各々得意とする詩の形式も違うし、盛り上がりもさしてないため、

詩による罵り合いと打撃ありのレスリングをメインとしたイベントとなった。

現在のプロレスの起源とも言われる催しものである。

伝説の詩人 雪平重然とは

雪平重然とは

平安時代の農村に生まれ落ちた歌人

自由詩の使い手

通称 ゆきしげ

まるで未来を見てきたような自由すぎる型で様々な詩を作ったが

全く人気がなかった。

だが彼の死に際が衝撃すぎたため北斗の拳とかが好きな層にはかなりの評価を得た

その後、彼の作品はそこそこの値段で売買された。

死後作品に人気出たタイプの詩人である。

あと彼が詩の間際に詠んだ詩

俺の作品か? 欲しけりゃくれてやるぜ

探してみろこの世の全てをそこに置いてきた

3人ぐらいを詩の世界へと駆り立てて

大詩人時代を呼んだとか、呼んでないとか。

雪平重然の最期

平安詩人バトルロワイヤル後半で闇の俳句三銃士 クーデレの堕道と激突する。

激闘の末、リアネイキッドチョークで彼女を後一歩のところまで追い詰めるが、

敵の仮面が外れてしまい、堕道の正体が幼馴染の由紀だと気づき、手を緩めてしまい仕留めきれずにいた。

その結果闇の俳句三銃士 ヤンデレの真地の手によって

闇の力を増幅した由紀に短冊で胸を貫かれ死亡した。

その後、闇の詩人勢が優勝するかと危惧されたが、
闇勢が雪平重然との戦いで消耗したおかげで

政府の派遣したよくわからないオッサンがゴッチ式パイルドライバーで優勝した。

そして大会自体は盛り上がりを見せ、すぐさま第二回大会も検討されたが、死者や負傷者が出たことで危険視もされた。

だが死者が雪平一人だったため、

雪平の死は隠蔽される形となり、それ以降も安全面を考慮した形で大会は行われることとなった。

そして時は流れ恒例企画となり政府非公認でも各地方で似たような興行も開催されるようになった。

現在ではプロレスとして引き継がれている。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー8

2023年2月6日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「よし、じゃあこれ買って来るよ、ミカ」 「あれ増田さんもう決まったんですか」 「ああ、レジに行って来るからさ、ミカはこの場で待っててくれないか」  当たり前のよ …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー5

2023年1月26日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 唐突に椅子ごとわざと震えるレミ。そんな事をしたらまたこのおっさんに勘違いされるだろ、と輝希は内心焦った。しかし鈴木は逆に微笑ましそうに、 「そうか……君達は仲がいいのだな …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー11

2023年1月30日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「さて、レミ君、増田君は行ったかね?」 「はい、して話というのは?」  輝希の気配が消えた事を察した鈴木。先程よりも幾分か低めの声で、 「うむ、まあ仕事の話とは …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

無料オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー23

2023年4月3日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「少し、黙って、くれ、遠藤、とやらの記憶よ」  頭を押さえてイワンは遠藤の記憶を隅へと追いやる。なるほど、一度理解してしまえば容易い …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー11

2023年3月7日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 正直こんな彼女の無惨な死体は見ていたくなかった。だが消えてしまうとなると、本当に最後の別れが来た事が分かってしまって。もう、彼女が戻る事はないと理解してしまって、  輝希 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー12

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「え? それ、どういう事なの?」  輝希を見下ろし奇妙な事を言い出すレミ。すると彼女の代わりにレミが輝希を見つめて、 「ふむ、昨日の事は緊急事態だったからな。だから後 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー7

2023年2月16日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……じゃあ次、」  そう言い彼女はまたニッコリ笑った。そして、 「次はミカちゃん」  薄桃色の髪をした天使の名を挙げた。 「あんな明るくて可愛い子なんて …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー19

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 それはそうだろう。僕に髪が薄桃色だったり、地肌が小麦色の褐色している親戚なんていない。あっさりバレると思ったがそうでもないのか。さすがにずっと一緒にいて何でも知っている蛍に親戚 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です