オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー4

エンジェルゲートサムネ

 なおも疑いを緩めないミカ。まあ、でも店内を少し回ればそんな生物がいない事ぐらいわかるだろう。

「ホントだって。さあ入り口にずっといたって邪魔だろ? 早く入ろう」

「まあ、そうですね……私も腹を括ります」

 グっと拳を握りしめるミカ。丸腰だと電鬼屋というのはそこまで危険なのか。

「よし、じゃあそうだな」

 ぐるっと店内上の案内を見渡す輝希。家電といってもその用途によって種類も様々。いざとなると何を買っていいのやら。とりあえずあっても困らない物、実用的な物がいいな。と思い輝希はとりあえず、

「掃除機でも見るか」

「おうふ、いきなりそれ行きますか」

 おうふ。と奇妙な声と共に鳩が豆鉄砲を食らった様な表情をするミカ。

「え? 何かマズかった?」

 風除室から中々出てこないミカを振り返りながら話す輝希。ミカはごくり、と唾を飲んで、

「大丈夫です。指の1、2本は覚悟出来てますから」

「君はどこに向かうつもりだ」

 まるで戦場に向かう戦士のような顔付きで一歩踏み出すミカ。とても店内の風除室から出て来たとは思えない雰囲気だ。

「うん、掃除機は後にしよう。先に別の物にしようか」

 こんな強張った顔のミカと見ても面白くないだろうな。輝希は別の製品から見て回る事にした。

「そうですか、まあ、増田さんがそういうのなら」

 そう言いミカは少し安堵したような顔を見せる。だがまだ油断は出来ない。次はどんな強者が来るやら。緊張した面持ちで待っていると、

「じゃあ、扇風機とかの方から回っていこうか」

「せいっ、手堅い所で来ましたね」

「せい? あ、うん? で、駄目なの?」

 さっきからミカのテンションが安定しなくて絡み辛いな。戸惑う輝希をよそにミカは、

「いえ駄目なんて言ってないです。むしろ燃えます。今日こそは奴に一泡ふかせてやりますよ。そして教えてあげますよ。やつらは所詮下伝、どちらが上かって事をねっ」

「うん……なんかうるさいしいいや」

 過去に扇風機、いや扇風鬼、とミカは何かあったのだろうか。メラメラと闘志を燃やし何か呟いてる。まあいざ売り場についてもプロペラの付いた機械が涼しい風を起こしているだけで、ミカが敵対心を抱くその鬼とやらはいないのだが。とはいえミカの様子がおかしいのでこれも後回し。次に輝希が目をつけたのは、

「じゃあ除湿器」

「増田さん、マスクですよマスク。さすがにこれはアカンやつです。せめて口を保護出来る物を下さい」

「……乾燥機」

「ちょっ、うそですよね、このまま行く気ですか? 正気を疑いますよっ」

「……」

 なんか後半になるほど行く事さえ拒み始めている気が……。うん。よし、もうこれはあれだな。

「もう僕一人で見てくるわ」

「そうですねっ! やっぱプレゼントってのは自分で選んでなんぼです! がんばれ増田さん!」

 ガッツポーズと共に全身に生気が戻った気さえするミカ。目も先程に比べてキラキラと輝いている。

「なんか急に元気になったよね? そんなに嫌だった?」

「いえいえ、これでやっと面倒くさい役から解放された。とは思ってますけど元気になれたのは自分の力です! ビバ自分! 素晴らしい!」

 ……。もはや地の文で解説する事も面倒臭くなってきた輝希。なんだよ、ビバ自分て。

「まあよくわかんないけど……とにかく僕一人で見てくるね」

「はい! じゃあ私は外で何か食べてくるのでお金下さい!」

 両手の平を勢いよく差し出すミカ。このままじゃただ買い食いしに来ただけだな、こいつ。別にそれでも構わないがこれでは普段と変わらない気がする。せっかく初めて二人で出かけたのだし、と輝希は考えて、

「……やっぱ君も来なさい。なんか僕が損した気になるから」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
ガッキーと付き合いてぇ 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集17

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 ガッキーと付き合いてぇ 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー5

2023年1月26日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 唐突に椅子ごとわざと震えるレミ。そんな事をしたらまたこのおっさんに勘違いされるだろ、と輝希は内心焦った。しかし鈴木は逆に微笑ましそうに、 「そうか……君達は仲がいいのだな …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂 2ー22

2023年6月28日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
『まあ、一つハッキリしてることはあるな』 『何?』 『まずこの紙がすごいダサイ。捜索以前の問題だな』  キッパリと言い切る和也。手で紙を広げて真子に改めて見せる …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー11

2023年1月30日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「さて、レミ君、増田君は行ったかね?」 「はい、して話というのは?」  輝希の気配が消えた事を察した鈴木。先程よりも幾分か低めの声で、 「うむ、まあ仕事の話とは …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です