オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂4−1

4 彼女欲しい岡崎君

「そういえば昨日の全裸少年がすごく面白くてさー」

「実ってそういうバラエティ番組本当に好きよね」

 初めての部活から一週間後。今日も三人は放課後の部室にいた。実は教壇に座り足をブラブラさせて柚菜と世間話。柚菜は黒板前の椅子に座り、実に適当な相槌を打ちながら読書。真子は黒板正面の定位置となった席に着き待機。といった配置。もはや一週間も経てばこの光景も見慣れたもの。しかし真子の表情はあまり優れない。ぶすっとした面持ちで頬杖をつきながら二人の会話を眺めていた。不機嫌オーラ全開のまるで喧嘩を売っているかのような態度。だがそれもそのはず。何しろこの二人、全く部活動をやる気配がない。放課後ここに集まっては今のように世間話をするだけ。しかも毎日だ。初め以外は部活らしい事を何一つとしてやっていない。さすがに真子の不満は限界にまで達していた。

「いやホント面白いんだって。貸してやるから観てみろって」

「ううん。遠慮するわ。私、ああいったやらせみたいな番組って嫌いなの」

「そう言わずとりあえず一巻だけでもさ。な?」

「いや、いいわよ。そもそも今のお笑い自体に興味ないし」

「ぶ〜。柚菜のケチ〜」

「っ! いいかげんにして下さいっ!」

 もう我慢の限界だった。ダンッと机を叩いた真子。声を荒げながら椅子から立ち上がる。それに対して実は申し訳なさそうな顔をして、

「ごめん……お前も観たかったんだな。明日録画した持って来るからそんなに怒んなよ」

「全裸少年の話はどうでもいいです! 私がしてるのは部活の話です!」

「部活〜? 部活がどうしたっていうんだよ?」

「どうしたじゃありませんよっ! なんですかこのグダグダした空気は! しっかり部活をして下さい!」

「なっ! 失礼だぞっ! ちゃんと部活をやっているだろっ! よくみろよ!」

「どこがですかっ! ただ世間話をしているだけじゃないですかっ!」

「なんだとー! じゃあお前は俺等がこうして放課後に集まってはボランティア部らしい活動を一つもせずにただダラダラと世間話をしてるだけって言いたいのかっ!?」

「ええそうですよっ! ってか何で私が言おうとした事を全部言ってんですか!!」

「それはただの逆ギレだろ!?」

「知りません! とにかくもうこの空気はウンザリなんですよ!」

「真子。うるさい。いま本読んでいるから少し黙ってて」

 無感情で呟いた柚菜。真子。柚菜はあの日以来そう呼ぶようになっていた。心なしか口調も柔らかくなっている。少しは仲良くなれた証拠だろう。柚菜の読書を邪魔している事に気付いた真子はハッとなり、机に再び腰掛けながら、

「あっ、すみません……」

「……」

「……」

「……って違いますよっ! 柚菜先輩っ、本を読むのをやめて下さい!」

 そしてキレた。柚菜は本から視線を上げて真子をみながら、

「何? さっきからうるさいわね。一体何が不満なの?」

「何じゃありませんよっ! 柚菜先輩はこの状況に何も感じないんですかっ」

「ええ。だって仕方ないじゃない。今はシーズンオフなんだから」

 さらりと嘘をつく柚菜。真子は呆れながら、

「いやボランティアにオンもオフもありませんから……そんなんでよく私に文句を言えましたね」

「あら? 文句って何かしら?」

「初めて会った時に言ったじゃないですか……活動してなかった部活の子を入れても意味ないって。でもここも大概ですよ」

「ああ……あれは実が女の子と話しているのを客観的にみたらムカついたから、腹いせに八つ当たりしただけよ。特に意味はないわ」

「そんな理由で私は怒られたんですか!?」

「ええ。中々に迫力があったでしょ?」

「……なんか最近、私の中で柚菜先輩の株が大暴落してるんですが……」

「よ〜し! じゃあ俺がその株を全て買い取るぜっ! これで筆頭株主だねっ! 柚菜結婚しよう!」

「だから、そういうのはやめてって言ったわよね?」

「フィゴゴゴ、フィゴゴゴ」

 例の如く柚菜に抱きつこうとした実。これまたいつものように柚菜はニッコリ笑ってそれを阻止。実の口元を鷲掴みにして万力のように締め付けた。

「……もういいです。一生ここでダラダラしてればいいじゃないですか。私は知りませんから」

 うんざりしたように呟いて再び椅子に腰を下ろす真子。柚菜は実をポイッと地面に捨てて微笑みながら、

「ふふ。冗談よ。今日はちゃんとやる事を用意してあるわ」

「えっ! ホントですか!?」

「ええ。だから今ある人の到着を待っているの」

「ある人?」

「ええ。あなたはよく知っている人よ」

「え、それって?」

「ふふ。どうやら来たみたいね」

 耳を澄ますと廊下側からカッ、カッ、と聞こえてくる足音。スリッパの軽い音とは違った革靴の重い響きだ。もしかして相手はお偉いさんなのかも知れない。そう思い真子は緊張した面持ちで入り口を見つめる。すると、

「チョリチョリ〜ッス。邪魔するで〜い」

 やって来たのはクラスメイトの岡崎蓮弥(なぜかスーツ装備)だ。様にならないウインクと胡散臭い笑顔を浮かべて部室へと入って来る。それに対して真子は無感情に、

「岡崎、エロ本なら中庭の隅にある黒い機械の中に入ってるよ。ここには無いから早く帰りな」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー4

2023年1月26日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
ツッコミ癖が完全に仇となった。レミは珍しく本気で怒った様子だった。そして再びチクワというか鈴木に向けて、 「ええ、常に下界の死を探索している機械で、活動の停止した生物、場合 …
no image 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集6

2024年4月8日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌全盛期に行われた最強の …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー8

2023年2月6日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「よし、じゃあこれ買って来るよ、ミカ」 「あれ増田さんもう決まったんですか」 「ああ、レジに行って来るからさ、ミカはこの場で待っててくれないか」  当たり前のよ …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー2

2023年2月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ねえミカ、レミって何か好きな物とかないの?」 「好きな物ですか、なぜそれを?」  ピクッと反応を示すミカ。首から上だけを動かして輝希を振り向く。 「いや、最近 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー1

2023年2月11日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
4 天使達と蛍とこれから  翌朝、増田家を奇妙な現象が襲った。発生場所はレミの借りている部屋。余分なものがなく奇麗に整頓された洋室。その天井には大きな照明が取り付けられてい …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー3

2023年2月11日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ミカっ、二人はどこに行くと言っていた!?」 「ええ!? そこまでは聞いてませんよ!」  いまだにたっぷりマーガリンを塗りたくっているミカ。レミはそんな彼女に、  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です