このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー10

エンジェルゲートサムネ

以前の彼からは想像もつかない事を述べるイワン。昔の彼は自分の価値観など語らない事務的な人間だった。ミカはそんな彼を訝しんだ視線で見つめる。

「おそらく、人間の記憶を食べたせいで記憶が混同しているのだろう。まあ耳を貸すな、ただの戯れ言さ。くだらない」

 地獄の果実に手を出した、悪魔に成り下がった者にはよく見られる状態だった。彼等は全員いわば記憶の塊を口にしたのだ、溢れ出す知識や経験に歓喜する者、混じり合う記憶の中で自分は人間なんだと勘違いをする者、反応は様々だが、皆イワンのように“誰か”の一面が出てしまう事があった。

 レミの侮蔑するような言葉にイワンは初めて不快そうな態度を露にした。

「君、いやレミ、その言い方は失礼だな。オレが彼女を物語のヒロインにしてあげたんだ。悲劇の、衝撃的な形で死を遂げる、僕が求めるヒロインにね」

「だまれ、イワン」

「それに俺は彼女の願いを叶えてやったんだ。蛍の望み通り少年の命を蘇らせた。それに、彼女にも短いながらも少年といられる時を与えてやったんだ……彼女もあの世で僕に感謝しているだろうね」

「……ふん、よく言うな。あんな継ぎ接ぎのような魂で復活させて、彼女がどれだけ苦しかったか」

 正確に言えば先程まで蛍を動かしていたのは魂ではなかった。彼女の身体に結びついたのは魂に変わる核。それはイワンが強い感情から生み出した擬似的な魂。そしてその核は時が経てば経つ程に彼女の身体を蝕み続けていた。

「蛍の痛みがお前に分かるのか」

 レミが特に苛立っている点、それは、イワンが意図的に蛍の身体を蝕まれていく仕組みにしたという事だ。イワンは優秀な男だった、彼程の力を持つものなら作る事も出来たはずだ、短時間しか持たないものであれば完璧な魂の代わりを。しかし彼はそれをしなかった。その理由はおそらく先程から述べている美的感覚によるものだろう。だが、だからと言って納得が出来る訳が無い。

「まあ、そう睨まないでくれ。僕だって望んで彼女をあんな身体にした訳じゃないんだ、言ったろ? 悪魔に成りかけていたせいで力が不安定だったんだ。本来なら彼女に普段と変わらない身体を与えてやれた……」

 誤解を解こうとしたイワンはそこで口元を抑える、しかし指の隙間からは明らかに喜んでいると分かる表情が漏れていた。

「だが、痛みを必死に堪える彼女もまた良かったな。少年に気付かれぬよう無理にでも笑顔を見せる姿、痛々しくも、愛おしかったよ……まあ、とにかくなんだっていいだろ」

 彼は宙を見上げ蛍を思い浮かべる、下界に降りてずっと行動を共にしていた少女、彼女は自分のせいで常に苦痛に苛まれていた。レミの言う通りそれは並大抵の痛みではなかったはずだ。

 しかし、イワンであり遠藤来人もある彼は、心の底からこう思うのだ。

「役者は監督のコマなんだ。だから彼女をどう使おうが僕の自由なんだよ」

 そう、それは彼の記憶に深く刻まれた価値観。来人にとって役者などは表現に必要な道具でしかない。そしてそれは蛍も例外ではないのだ。

「そうか……もう、喋らないでくれ。イワン」

「そうだな……お互いこれ以上話す事はないか」

「はい、悪魔になった以上、あなたはもう敵です……それに蛍さんのためにもあなたを倒します」

 これ以上今のイワンに何を言っても無駄なのだろう、それどころかその気が触れた考えのせいでこちらの気分が悪くなっていく一方だった。ならばレミとミカのやる事は一つ、イワンの始末だけだ。

「そうだな、ではまずあと片付けを先にしなければ、な」

 ぐっと横に伸ばした手をイワンは軽く閉じた、すると、

「あ……」

 その光景に輝希は弱々しく一言声を漏らした。だがそんな情けない声が出るのも無理は無い。彼の目の前で砂、いや粒子のように蛍の死体は衣服を残し崩れていく。そしてその崩れた細かな欠片はまるで吸われるように天へと昇っていった。徐々に光の粒へと姿を変えていく蛍の身体。とても神秘的で普段なら見とれてしまうような光景。でも、

「蛍……」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です