作品

偽造100日ビョルンチャレンジ12日目

ジャガビョルン

偽造100日ビョルンチャレンジ12日目ジャガビョルン

ジャガビョルン
ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー15

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「なんです? 突然。蛍って誰ですか?」  彼の独り言に反応したのは右隣にいたミカだった。彼は奇麗な顔を近づけて輝希を見上げる。輝希は今から言う事に対してちょっと気恥ずかしく …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー6

2023年1月27日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
そう感じてしまって次に覚えたのは怒りだった。それは自分自身に対する怒り。彼女達、レミとミカにとって下界にいる事が良い事ではないと分かっているのに。それでもここに二人がいてくれる事 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー18

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……」  まさかの同棲宣言に沈黙する蛍。僕達から一歩退きその表情も少し引きずっていた。かと思いきや、 「へえ〜、そんな深い関係なんだ〜。輝やる〜」  といつも …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂 1−1

2023年4月16日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
1 第四準備室      私、真木真子まきまこは努力が嫌いだ。  そう、嫌い。なんかムズ痒い。単語がもう暑苦しい。聞くと萎えてしまう。だからなんでも中途半 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー7

2023年1月27日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
忘れていた。レミは僕と結合している限り天界には帰れない。ということは彼女も、彼女も そうなのだろうか。輝希は自分の額にヒヤッとした汗が流れるのを感じた。焦る輝希に対して鈴木は心配 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です