オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー6

 素っ頓狂な声を上げた柚菜。珍しく顔は真っ赤だ。柚菜らしくない慌てた口調で、

「いい加減にしてっ! ふざけてないで続きをやるわよっ」

「ぶ〜。なんでだよ〜。いいだろこんぐらい〜」

「とにかく駄目なものは駄目なのっ。ほらっ、あなたも戻りなさい」

 焦った様子の柚菜。顔はまだほんのり赤い。真子はそんな柚菜が少し可愛く思えて、

「ふふ、そうですね」

「むぅ……あなた、何がおかしいの?」

「い〜え。なんでもありませ〜ん」

「そう……なら早く席に着きなさい」

「は〜い」

「ーーったく、実のバカのせいで……」

 俯いて憎々しげに呟いた柚菜。すると耳元で、

「照れている柚菜もカワイイじゃないか」

「実、さっき言った事を覚えている?(ニコッ)」

 真子の背後でボコボコにされる実。案外、この二人なら良いカップルになるんじゃないだろうか。そんな事を思いながら、真子は席へと着いた。

「ふぁい、じゃあ、次は何をしましょうかね?」

「あの、先輩?」

「ふぁい? にゃに真子?」

「それ、顔大丈夫なんですか?」

 躊躇いながら訪ねた真子。それもそのはずだった。教壇に立つ実の顔は柚菜に殴られそこら中が腫れている。ひどい有様だ。実はすごく落ち込みながら、

「ううん。全く大丈夫じゃないよ。なんか奥歯とかすごい痛いし、もう帰りたい……」

「じゃあ、とりあえず保健室行った方がいいんじゃないですか? いくら先輩でも可哀想ですよ」

「真子……お前いい奴だな……」

 ジーンと目を潤ませながら言う実。するとその横の椅子に座る柚菜がいつもの調子で、

「あなた、そんなの気にしなくていいわよ。これは自業自得なんだから。実が全て悪いのよ」

「ですよね〜。ってか先輩ならほっとけば直りますよね〜」

「ええ!? そんなあっさり翻ひるがえるの!? ここに味方はいないのかよ!?」

「実。うるさいわよ。しっかりやりなさい」

「ぶ〜。はいはい。わかりましたよー。ちゃんとやりますよー……で、次は何すんの?」

「さあ? というか普段こんな事しないから勝手が解らないわね」

「え〜〜……じゃあいつもは何をしてるんですか?」

「いつも? ああ、そう言えば部活動についてしっかりと説明してなかったわね……あなた中々いいことを聞くじゃない」

「いや、新入部員にアドバイス貰ってどうするんですか。もっと率先して下さいよ」

「まあ、いいのよ細かいことは。と言うことで実。さっそく説明して頂戴」

「おうっ。じゃあ真子、今から説明するからよく聞いとけよ」

「あ、はい」

「まず初めにここはボランティアをする部活だ」

「はい、知ってます」

「そうか……」

「……」

「……え、じゃあお前は何が解らないんだ?」

「いや、だからそれ以外の事が解らないんですよ……例えばどういう活動をしているのか、とか」

「ふぅ〜ん。活動か。まあ活動は大きく分けて二つだな」

「二つ?」

「ああ。柚菜担当の校外活動。それと俺担当の校内担当。おおまかだけどそんな感じかな」

「へえ〜。一応それっぽい感じになってるんですね」

「まあ、と言っても基本的に実は他の部活にちょっかい出して遊んいでるだけよね」

「なんだよ〜。柚菜だって校外を良い事に好き勝手やってるじゃんか」

「いいえ。私は先週もしっかり猫捜しとかをやっていたわよ」

「とか言ってまたボランティア部(仮)で領収書を切って買い食いとかしてたくせに〜」

「そんな事してたんですか……」

 呆れたように呟き真子は思う。案外、柚菜先輩って子供っぽいな、と。あと、ボランティア部(仮)で領収書って切れるのかな。とも疑問に思う。実に指摘された柚菜は全く悪びれもせず、

「いや、それは誤解よ。あれは猫を誘き寄せるためにドーナツを買っていたの」

「嘘だ〜。時々柚菜の口まわりにチョコが付いてる時があるし。どう考えても猫にあげてないだろっ」

「それは……ドーナツを食べた猫を私が食べました」

「それはサラっと怖すぎだぞっ!?」

「いやいや、先輩方。話しがすごい逸れてますから。ちゃんと説明してくださいよ」

「え? ああ、悪い悪い。えっとどこまで話したっけ?」

「校内活動と校外活動があるってとこまでですよ」

「おうそうだったな。まあ主な活動はその二つだ。あと細かくすると色々あるけど、それは追々でいいだろ」

「はあ、まあ一応解りました……で、私は何をすればいいんですか?」

「う〜ん。そうだな〜。特にしっかりとした決まりもないし、お前がやりたい事でいいんじゃないか」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
no image 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集10

2024年4月8日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌全盛期に行われた最強の …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー12

2023年1月30日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 レミとミカとこれから一生を共にする。僕はそのことにやはり罪悪感を覚えていたのだろう。そんな僕の深層意識をよんだかの様に脳は夢を見せるのだ。  それは本当に幼かった頃の思い …
レインボーの池田さんてイケメンだよな 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集18

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 レインボーの池田さんてイケメンだよな 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルと …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー3

2023年2月11日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ミカっ、二人はどこに行くと言っていた!?」 「ええ!? そこまでは聞いてませんよ!」  いまだにたっぷりマーガリンを塗りたくっているミカ。レミはそんな彼女に、  …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー21

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ぷ」  輝希がしばらく一人であれこれ考えていると、またもや彼女の口から、ぷ、と少しずつ空気が漏れ始めた。 「バーカ。冗談よ」  そう言って舌を出す彼女。その様 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー5

2023年2月14日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「うん、僕もだよ」  本当に不思議な感覚だった。いつもは彼女が隣にいる事に落ち着きさえ覚えるのに。今はこんなにもドキドキしている。でもそれは悪い意味なんかじゃない。心が熱く …
多部未華子さんと付き合いてえー 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集15

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 多部未華子さんと付き合いてえー 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です