このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー9

エンジェルゲートサムネ

「と、そういえば」

「どうした増田」

 そこで彼は思い出した。今日はある特別なイベントがあることに。

「今日母さんが帰ってくるんだよ。2月ぶりにね」

「そうか……そういえばそうだったな」

 そう言って何か思考するレミ。考えがまとまったのか。急にガタッと立ち上がり、

「よし。あれにするか」

「あれ? ていうか何処に行くの?」

「着替えて来る。この家にずっと住まう者として失礼な態度はとれない。きちんとご挨拶せねば。天界の服でいいだろう」

 と言って二階の彼女に与えた部屋へと移動しようとするレミ。おそらく彼女は礼儀としていっているのだろうが100%と恋人とかと勘違いされる。それに天界の服というのはあの和服の様にしかみえない服装の事だろう。そんなものでいきなり現れたらさらに誤解を招くだろう。

「いや、やめてよ。ウチの母親に知れたら絶対からかわれるから」

 輝希の母は海外、主にアメリカへの出張が多いためかノリも気さくな感じだった。だからこの状況を知ったら面白がって了解してくれるかも知れないがそれはごめんだった。だから何か別の手を考えなければ。

「……ん? でもどう説明すれば」

「だから生涯の伴侶と」

「やめてよ真面目に考えてるんだから」

 彼女からまともな答えが返って来るはずもない。そう考えて軽くあしらう。まあでも服装は一理ある。初対面でいきなりパジャマ姿では印象が悪いかもしれない。と輝希は一人でベストな方法を模索する。

「二人の事がバレたら怒られはしなくても絶対に面倒な事になるし、かといって二人にずっと天界状態でいてもらうと、僕がやりずらいし」

 天界状態ならば二人の姿は輝希にしか見えないわけなので、説明の必要がなく一番楽かもしれない。だがそれでは万が一、二人と話しているのを親に見られたら怪しまれるかも知れない、それに親がいつもいないのを良い事に悪い事をしているみたいで嫌だった。ならばいっそ正直に二人を紹介した方が恥ずかしいのは初めだけではないのだろうか。等とあれこれと色々な作戦を考えていると、

「増田、いや増田のダーリンよ」

 増田のマスター改めダーリンとあだ名を変更したレミ。

「待って、だから一生一緒にいることには納得したけど、別にダーリンじゃないし、恋心とはないから」

 そりゃ確かにレミは美少女だ。こんな美少女が死ぬまで一緒にいてくれるなんて普通は喜ぶところだろう。だが僕は蛍が好きだ。だからレミに対して特別な感情を抱くわけにはいかない。そもそも人ではないし。なんて彼女の言葉を真面目に考えて恥ずかしくなった。

「うん、私もお前と恋仲になるのはごめんだな。第一私は人間じゃないし」

 バッサリと一刀両断するレミ。ならダーリンとかいわないでくれ。勘違いするから。

「まあ、焦る必要はない。別に今回は現状報告のためだけに長官と通話を繋げたわけではない」

「というと?」

「ふむ、君の親が帰って来るのは聞いていたからな。だから私達の正体を隠蔽するためにも、記憶改ざんの申請をしようと思ったのだ」

「それって、この前の交通事故みたいに?」

「そうだ。それはさすがに私の一存では出来ないし、天界の者でなければ操作できん」

 どうやら彼女はふざけつつもきちんと作戦を用意していたらしい。こういった抜け目のなさはさすがというべきだ。でも彼は思う。なら先に言えよと。レミは再びまな板の方を向き、

「と言う事ですが長官、許可は頂けるでしょうか?」

 しばらく間が空いたが通信はまだ繋がっていたらしい。鈴木は声を少し低くして、

「うむ、天使の存在が漏れる可能性もある。ならばいっそ、天界の力で完全に隠してしまった方がいいか……こう何回も改ざんをするのは不本意だがな」

「すみません。ご迷惑をおかけして」

 と謝ったのは輝希。先の事もあるので鈴木に対してレミの頭を下げさせる訳にもいかなかった。鈴木はフッと笑って、

「気にするな。レミ君を預けるのだ。出来る限りの協力はするよ……で、どういう風にレミ君の存在を書き換えればいい?」

「そうですね……」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です