オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー3

「え〜と、じゃあ、ゴホン」

 黒板前の教壇へと立った実。わざとらしく咳払いを一回。ちなみに柚菜はその隣の椅子にちょこん、と座っている。真子は黒板正面の席に着き待機。すると実が教卓に手を置きながら大声で、

「三人になって公式にボランティア同好会になったよミーティング!! イエェーイ!! ヒューッ!! ヒューッ!!」

「……」

「……」

 パフッ。パフッ。と、柚菜が手に持つパフパフラッパをやる気なく鳴らす。そしてポケットへと静かにしまった。

「……え?」

「ん? どうしたんだ真子? きょとんとして。もう部活は始まってるんだぞ」

「いや、え〜と、なんかノリがよくわからなくて」

「ノリがわからない〜? じゃあ、お前の中学ではどう言う風に始めてたんだよ?」

「え、私の中学ですか? ……私のトコはもう一人が来たら適当に始める感じでしたね」

「ヒュ〜、聞きましたかぁ〜柚菜ぁさん。なぁんすかぁね〜、あのやる気のない姿勢はぁ〜〜?」

「いや、そんなムカつく気持ち悪い顔されても困りますから」

「ええ、ホント気持ち悪いわよ実」

「あれ、なんだろ。急に涙が……まあ、とにかくこれがウチ流ってことだよ。早く慣れるんだな」

「はあ、わかりましたよ……」

「よし。じゃあ気を取り直して始めるぞ!」

「はいっ」

「今日はまず初めに報告からだ。真子聞いてくれ!」

「はいっ」

「本日付けで新入部員の真木真子が入る事になった!」

「はいっ。それ私の事ですねっ」

「そうだっ! 以上!」

「……」

「……」

「……え? 終わりですか?」

「ん? 真子以外に新入部員って入ったけ。柚菜?」

「いいえ。もちろん。入ってないわよ」

「だよな。じゃあ、やっぱり報告終わりだ」

「いやいや。だったら私の紹介とかを入れて下さいよ。やりますから」

「え〜。だってお前のことなんて知れても嬉しくないからな〜」

「ええ。自分から晒しにくるなんて恥女なのかしら?」

 前言撤回。やっぱり仲良く出来ないかも知れない。真子は頭を抱えながら、

「ホントこの人達は〜〜……もういいです。勝手にやりますから」

 そう言い真子は椅子から立ち上がる。少し恥ずかしそうに頬を赤らめながら、

「今日からボランティア同好会に入った1年2組の真木真子です。元テニス部で趣味は音楽鑑賞。好きな物はカワイイ小物とかぬいぐるみです。よろしくお願いしますっ」

「……うん。そうだね」

「……はい。そうですか」

「いや、だから質問とかして下さいよ」

「え〜。じゃあ、今朝は何を食べましたか?」

「え? オムレツと食パンとミルクです」

「最近急に体調を崩す事とかはありますか?」

「いや、特にはないです……ってかそう言う検診みたいのじゃなくて、普通のをしてくださいよ」

「え〜〜、あっ。はい。質問です」

「はい。何ですか先輩?」

「さっきから僕たち先輩への文句が多くないですかっ!?」

「知りませんっ! ちゃんとやって下さい!」

「あ。えっと質問です」

「何ですか、柚菜先輩?」

「小腹が空いたんですけど、ドーナツとか持ってないですか?」

「ありませんっ! 怒りますよっ!」

「はいっ! 正直もう怒っていませんかっ!?」

「怒ってません! ってかそんなどーでもいい事でイチイチ挙手しないで下さい!」

「ぶ〜。柚菜〜。あいつさっきから文句が多くね? めんどくさいよ〜」

「まあ、もう十分楽しんだからそろそろ真面目にやりましょう。面倒くさいけど」

「あの、小声で面倒くさいとか言うのやめてくれませんか? 傷付きますから」

「はいはい。えっと、じゃあ質問な」

「はい。何ですか?」

「真子は何でボランティア同好会に入ってくれたんだ?」

「え。え〜と、それは、」

「それは?」

「え〜と、」

 うまく言葉が出てこない。それは今でも気持ちの整理がついていないからなのだろうか。真子は頬をポリポリと掻き、必死に頭を回転させる。そして手探りで言葉を選びながら、

「なんていうか、その、自分なりのケジメなんです……」

「ケジメ?」

「ええ……実は、ずっと逃げて先延ばしにしている事があって、それをどうにかしたいんです。でも、まだ勇気が足りなくて、だから……」

「ふ〜ん……そう言えば、あの時もそんな事言ってたな」

「はい……」

「そっか……まあ、よく解らなかったけど、何か目標があるのはいいことだぜ。頑張れよっ!」

 屈託のない笑顔を浮かべる実。見ていると勇気をもらえるような笑みだった。少し悔しいな。なんて思いながら真子は微笑んで、

「ありがとうございます……あ。あともう一つ理由がありました」

「ん? 何だ?」

「実先輩があまりにもしつこかったからです」

「結局俺のせいかよ!?」

「いや、別にせいってわけじゃないですけど、しつこかったのは事実ですからねっ」

「ぶ〜。はいはい。わかったよー。俺が無理矢理に真子を入れましたよ〜。どうせ俺が悪いですよ〜」

「だからそこまでは言ってませんよっ。えっと、なんか変な空気になっちゃいましたね。ここでやめさせてもらいますっ」

「いいえ。一つ、いいかしら?」

「柚菜先輩?」

 今まで黙っていた柚菜が不意に声を上げた。真子は少し動揺。なんとなく身構えてしまう。柚菜は鋭い眼差しで真子を見つめて、

「私、あなたに質問したい事があるの」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー3

2023年2月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 畠山市の市街。その中に幾つかある電気屋でも一際目立つ“大型チェーン家電量販店マサシ電気”。レミの気に入るような電化製品もここなら見つかるだろう、と輝希は思う。  電車から …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3−7

2024年6月16日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
え? 私のやりたい事ですか?」 「ええ。まあ初めの内は私達の活動を見ていればいいんじゃない? 慣れてきたらその時にまた決めればいいわ」 「確かにそうですね。まだ解らな …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル無料小説 エンジェルゲート第1章ー2

2023年1月23日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
そこそこの顔立ちに人当たりの良い性格である輝希。友達も多い方だし先生の評判も良く学校でもそれなりに顔は知られている方ではあった。そんな彼が …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂 1ー3

2023年4月20日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「うん……お前、すごいよ」  真子は若干怯えながら、 「……今度はなんですか?」 「いやだって、いないぜ!? 一人であんなに騒げる奴! 俺いるのかと思ったもん! …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー5

2023年2月14日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「うん、僕もだよ」  本当に不思議な感覚だった。いつもは彼女が隣にいる事に落ち着きさえ覚えるのに。今はこんなにもドキドキしている。でもそれは悪い意味なんかじゃない。心が熱く …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です