オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー14

エンジェルゲートサムネ

「ううん変わらないよ」

「え?」

「この気持ちはずっと変わらないよ」

 だから輝希は口にするのだ。言葉にしなくても彼女には伝わっているかもしれない。でも、その想いをより強いものだとわかってもらうために。この気持ちは永遠だと知ってほしくて。

「そっか、わかったよ。輝ちゃん」

 そう言って彼女は照れくさそうに笑う。その笑顔は今まで見たどんな顔よりも、一番女の子らしい表情だった。

 あれから数年、僕は彼女に相応しい男になれたのだろうか。その答えはおそらくノーだろう。僕はまだまだ人として頼りないし、彼女はまだ僕を異性として見ている様子はない。だが、

 だがあの日、僕の勘違いでなければあの事故に遭った日、もしかして、

 もしかして彼女はーー

 輝。

 輝。

「おーい輝、起きろやー」

 その声は蛍のものであった。しかし幼い記憶にある声に比べて随分大人びている。

「あれ、蛍? 急に大きくなったね?」

 輝希はベッドの上でモゾモゾと身をよじる。そして半開きの眼を擦ると目前には蛍の姿。どうやらまだ夢を見ているらしい。しかしその姿は先程の声と同じで随分と成長していた。輝希を上から見下ろす彼女は呆れた様子で腰に手を当てながら、

「はい? 何いってんの?」

 寝言からして輝はどうやら私の夢を見ていたらしい。そう考えた途端、彼女は夢の中でも見た様なイタズラする前の悪ガキみたいな顔で、

「はーん、さては変な夢でもみたなー」

 ニシシ、と笑い顔を近付けて来る蛍。変な夢、それはどんな意味なのだろうと輝希は考えていると、

「夢……ハッ! 蛍なんでここに?」

 バッとベッドから起き上がる輝希。そこでやっと意識が覚醒。ここが現実、彼女が本物の蛍だと気付く。

「やっと起きた輝、ったく、メールも返さないし」

 といって枕元の輝希の携帯を指差す蛍。言われて携帯を見るとそこには短く「今から行くね〜」と書かれていた、どうやら輝希が寝てからすぐの事のようだ。彼女の全身をみると白の縦ラインが入ったジャージの上下セットとかなりラフな格好をしていた。

「ごめん、で、何か用事だった?」

 いくら近いとはいえ彼女はそこまで暇じゃない。何か急用があったのだろう。そう考えて聞いてみると、

「用事って、今日おばさん帰ってくるんでしょ? だから疲れて帰って来るおばさんにご飯作らせる訳にはいかないと思って」

 と彼女なりに気を利かせて料理を作りに来てくれたらしい。そういえば彼女は都合さえ合えばこうやって母親が帰宅する日には出向いてくれていたな、と輝希は思う。しかし、

「ごめん、母さん今日は遅く帰って来るらしくてさ、夕飯は外で済ませて来るって」

 輝希はまさか彼女が来てくれるとは思わずその情報を伝え忘れていた。

「なんだ〜、そうなんだ〜、じゃああんなに作る必要なかったな〜」

「あっ、もう作った後なんだ」

「そうだよ、まあそういうなら先に食べててもいいよね、輝も来なよ、下の二人もお腹空かせてたよ。ミカちゃんなんて作ってる最中から」

 下の二人とはレミとミカの事だろう。どうやら彼女達はさっきまで蛍と一緒にいたらしい。輝希は少し心配そうに、

「えっ、あの二人、ずっと下にいたんだ……何か迷惑かけなかった?」

「全然、色々話せたおかげで仲良くなっちゃた」

 輝希の心配とは裏腹に笑顔を見せる蛍。その顔を見る限り彼女に何か誤解されるような事を言った感じでもない。むしろ案外仲良くやっていけるんじゃないか。まあこれも遠い親戚という情報が浸透したおかげかもしれないが。そう思うと心が痛かった。

「そうなんだ、じゃあ僕も行くとするよ」

 蛍の後に続き階段を降りていく輝希。リビングを開けると部屋中にたちこめる胃袋を刺激する香り。それだけで寝起きだが一気にお腹が空いた気がした。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー13

2023年1月30日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……蛍ちゃん」 「え……」  時が止まったとは、まさにこの様な状態を言うのだろう。部屋からはテレビの音だけが流れており、次の瞬間ボッとまるで効果音が聞こえてきそうな …
no image 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集12

2024年4月8日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌全盛期に行われた最強の …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー18

2023年2月1日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「まあ一旦落ち着いたら? ほらお茶」  視線を元に戻すと、蛍がミカにお茶を差し出しているところだった。ミカは先程よりも大分落ち着いた様子で、 「あ、ありがとうございま …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー15

2023年6月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「へえ。なら」  ラケットを見つめ、不敵な笑みを浮かべる実。何かを思いついたのだろうか。  いいですよ。勝負です。 「ふっ!」  右利きサーバーから見て右 …
no image 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集5

2024年4月8日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌全盛期に行われた最強の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です