このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー24

『真子』

 ーーそう言って和也はいつもの挑発的な笑みを浮かべる。私はそれに対抗するように意地悪な笑顔を返す。そして二人で仲良く喧嘩する。うん。いつもの光景だ。

『真子』

 そう言い和也は私の横を歩く。私は不良にしか見えない横顔を見上げながら、黙っていればればイケメンなのに。そんな事を不意に考えて頬を赤らめる。

「真子」

 ふと和也の声がおばさんのように聞こえた。いつも聞いていた声なのに。忘れるはずなんてないのに。でも、そんな事もあるかも知れない。だって私は、和也の事を思い出さないようにしているから。嫌な思い出として認識しているから。そう。全て忘れて、逃げようとしているのだ。

「真子」

 だから私は彼の声さえ忘れようとしているのだろう。最低だ。私は最悪の事をしてしまった。だから彼に会う事なんて許されない。だから赦してもらうことなんて出来ない。だから、だから、

「真子ーー起きなさい真子っ!」

「はっ!?」

 ベッドから飛び起きた真子。すると目の前には母がいた。慌てながら辺りを確認する。まず目に入ったのは見慣れた白い天井。次にお気に入りのピンクなグッズ達。続いて愛用のゆるキャラ枕。うん。私の部屋だ。寝ぼけた思考で真子はそう理解。すると母は呆れたように、

「ったく、休みだからっていつまで寝てるのよ。もう18時よ」

「へ? もうそんな時間なの?」

 近くにあったデジタル目覚ましを見る。画面の表示は確かに18時25分。真子の服装は午前中のままだ。どうやらあの後すぐに寝てしまったらしい。せっかくの休みが。真子は後悔から項垂れる。そんな真子に母は背を向けながら、

「わかったなら早く降りて来なさいよ。夕食の準備出来てるからね」

「……うん。すぐ行くよ」

「そう、じゃ待ってるわ」

 部屋を出て一階へと降りて行く母。それを確認した後、真子はベッドの上で体育座りをしながら、

「ふう……夢か……楽しかったな……」

 きっと今日は色々な事があったせいだろう。だから見てしまったのだ。彼の夢を。忘れたいと思っていたのに。無くしたままでいたかったのに。おかげでハッキリと思い出してしまった。楽しかった日々。永遠にしたかった時間。封じ込めた記憶。それが今はしっかりと頭の中にある。でも、そのおかげだろう。真子は今なら自分の気持ちに正直になれる気がした。

「ふふっ……ホント、弱いよな……私って」

 自虐的な笑みで呟く真子。それは自分の弱さを心底嫌うような笑顔だ。うっすら涙を浮かべながら言葉を続ける。

「……だって、こんな簡単な事すら出来ないなんて……」

 ただ彼に謝る。そんな当たり前の事すら出来ない。だから逃げた。そして忘れようとした。だって、弱い自分にはどうする事も出来なかったから。

「でも……もう、逃げたくないんだ……」

 自分に言い聞かせるように呟く真子。だが言ったそばから手が小さく震えている。だめだ。いくら強がっても心は弱さを抱えたまま。また先へは進めないのかも知れない。でも、これ以上彼から目を背けるわけにはいかない。だから、

「……例えただの気休めでも……意味なんてなくても……前に進めた気がするなら、今はそれだけでいいんだ」

 そう再認識して、真子は一つの決意をした。自分なりの想いを込めて。前へと進むために。

 

         ★

 

 月曜日。朝8時10分。美咲高校。B棟2階一番奥の部屋。第四準備室。入り口前。真子は決意を胸にゆっくりと中へ歩みを進める。

「朝はここで本を読んでるんですね」

 教室奥の窓際。椅子にひっそりと腰掛けていた少女ーー柚菜の横に立ち、真子は静かに声をかける。教室内には実の姿はない。辺りには四方に等間隔で配置された椅子と机が数個あるだけ。どうやら彼女ただ一人のようだ。柚菜はチラリと横目で真子を見て、再び本へと視線を戻した。

「ええ、教室はうるさいから。特に実が」

 無感情で事務的に呟いた柚菜。真子が来た事に驚いた様子はない。何喰わぬ顔で本を読み進めて行く。読んでいる本はどうやら小説。カバーがしてあり詳細までは解らない。真子は彼女の相変わらずな態度に苦笑しながら、

「ふふ。あの先輩」

「何?」

「いや、先輩ってやる気ないようにみえても、ちゃんと部活やってるんですね」

 真子のいきなりな言葉。柚菜は意図を図りかねる。不機嫌そうに眉をひそめて、横目で真子を見ながら、

「……あなた、何を言っているの?」

「昨日見ました。電柱に迷い猫捜しの張り紙が貼ってあるの」

 その言葉で柚菜は理解。先週自らが行った行動を思い出しながら、

「……ああ、その事か。時々ね、商店街の人に頼まれてやってるのよ」

 さして興味もなさそうに呟いた柚菜。でもその横顔は少し恥ずかしがっているようにもみえた。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です