このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー25

「はあ。そうなんですか」

「ええ……用はそれだけ? もうすぐHR始まるわよ」

 早々に話しを打ち切ろうとする柚菜。でも、だめだ。まだ 肝心な事を言えていない。真子はすうっと一度深呼吸。そして静かに、

「いえ、もう一つあります」

「……何?」

「……これ、受け取って下さい」

 真子は深々お辞儀。勇気を出し手に持つ封筒を差し出す。そこには入部届けの字。中身は担任から貰った部活動届け出用紙。そう、紛う事なき入部届け。それを緊張した面持ちで柚菜に渡す。きっと柚菜にとって以外な変化球だったに違いない。だが彼女は表情一つ変えない。顔もそっぽを向いたままだ。本を閉じてつまらなそうに封筒を受け取りながら、

「そう……ねえ、ひとつ言わせて」

「……なんですか?」

「私ね、あなたが好きじゃないわ」

 真子を横目で鋭く見つめた柚菜。冷淡に言い切る。実に冷たい表情だ。真子は怯んでしまう。そして、それにより緩やかな朝の気分は消失。二人の間に妙な空気が漂いはじめる。でもここで引くわけにはいかない。真子は気合いを入れ直す。緊張で唾を飲み、柚菜を窺うように、

「……それは、どうしてですか?」

「はっきり言うとね、私は中途半端な人が嫌いなの」

「……はい」

「だってそう言う人は簡単に人を裏切れる……私の気持ちも考えないで、都合よく離れて行く……つまり、あなたみたいに部活を退部したりする人は信用出来ないの」

 少し暗い面持ちで話す柚菜。何か昔に思うところがあるのだろうか。言葉数も珍しく多い。真子は引っかかるものを感じる。しかし今はその事を考えている暇などない。真子は緊張しながらも、慎重に相づちを打つ。

「……はい」

「だから、もし本当に入部するつもりなら、私はあなたに厳しくするわよ」

 威圧するような柚菜の問いかけ。脅しと言い換えても問題ないほどの迫力。でも今度は怯みなどしない。だって真子は決めたのだから。少しでも自分らしく前に進むと。だからこんな所で躓くことなどしない。真子は柚菜の横顔をしっかりと捉えながら、

「はい……構いません」

「本当にそれでもいいの?」

「はいっ」

 少しも臆する事なく返事をした真子。もうそこに迷いはない。あるのは入部したいという強い気持ちだけ。今の真子には確かな意思さえ感じられる。そして、それは柚菜にも伝わったのだろう。だから、

「……そう、」

 柚菜はそう呟くと、不意に真子の方を向き、

「なら、これからよろしくね」

 そう言い彼女は微笑んだ。しかしそれは満面の笑みではない。だが、いつもの鋭い面持ちとも違う。そう、あえて言うならばとても彼女らしい笑みなのだ。冷たいながらも温かみのある表情。誰かを励ませる人の笑顔だ。真子は思う。おそらくこれが彼女の本当の表情だと。だからこんなにも優しい気持ちになれるのだ。真子は嬉しさから心を弾ませながら、

「ありがとうございますっ。柚菜先輩っ」

 顔を赤くしてそう言ったのだった。それに対して柚菜はどこか楽しそうな表情で、

「ううん、いいのよ。じゃあ、さっそく頼まれ事をしてくれるかしら?」

「はいっ、なんですか?」

「あなた、私が猫を捜しているのは知っているのよね?」

「はい」

「実はどうしても見つからなくて、すごく困っているのよ」

「じゃあ、私は何をすればいいんですか?」

「そうね、」

 椅子の下からダンボールを取り出した柚菜。下を向きガサゴソと中を探り、

「とりあえずこれを付けてもらえるかしら」

「なんですか、これ?」

「これはネコミミとシッポと言われる物ね。詳しい解説が必要?」

「いや、それは見ればわかります。そうじゃなくて、なんで今出てきたのかって聞いたんです」

「え? だって猫を捜してくれるのよね? だったら猫に成り切らないと」

「……意味がよく解らないんですけど」

「意味の有る無しじゃないの。こういうのは形が大事なのよ。だからこっちも猫になりきるの。わかった?」

「はあ……そういうものなんですか」

「そうよ。ほら後ろを向いて」

「う〜……はい」

 柚菜のよく解らない発言に戸惑う真子。しかし、こんな真面目な顔で嘘を吐いているとは到底思えない。真子は渋々ながらも後ろを向く。柚菜に耳と尻尾をセットしてもらい、

「……先輩、これでいいんですか?」

「ええ、上出来よ。あとは『にゃーん(おんぷ)』みたいな甘ったるい声をポーズ付きで出せば完璧ね。ちょっと練習してもらえるかしら?」

「う〜……わかりましたよ……」

 もうヤケクソ。こうなれば本気でやるだけだ。教室に忍び寄る影、背後で必死に笑いを堪える柚菜。そのどちらにも気付かずに真子は全力の萌えボイス&ポーズで、

 ガラッ!!

「にゃ〜ん♪」

「柚菜〜、もうすぐHRはじまるぞ〜」

 図られたかのように扉が開いて実が入って来た。真子は赤面驚愕、柚菜は笑いを堪えきれず、

「なっ!?」「ぷっ」

「……真子、お前は何してんだ?」

「せ、先輩!? いやっ、これは柚菜先輩に頼まれてっ、猫捜しに役立つからって!」

「ねこ〜? 柚菜、この前みつかったって言ってなかったか?」

「ええ、先週あっさり見つかったわよ」

「なっ、やっぱりハメられてた!?」

「ふふっ、実の言った通りイタズラのしがいがある子ね……あ、そうだ実」

「ん?」

「この子、ボランティア部に入ってもらうから」

「なっ、マジか!? 真子!?」

 さっきの呆れた態度から一変。実は期待に満ちた顔で真子へと急接近し腕を掴む。真子は圧倒されながらも、

「え!? いやっ、まあ、その、はい」

「やった〜!! サンキュ〜!!」

 ハイテンションになった実。意味もなく真子へギュッと抱きつく。真子はさらに顔を赤くして、

「わぁっっ〜! バカっ、抱きつくなっ!!」

「いいだろっ〜、入部記念みたいなもんだっ!」

「だからって抱きつくのはダメだろっ! ってか、ミミとシッポを取らせろっっ〜!!」

 騒がしく暴れる二人。あっと言う間に教室は喧騒に包まれる。柚菜は横目でそれを見ながら、

「ふふっ。頑張ってねーー真子」

 先程の温かい笑みでそう呟いた。でもドタバタとしていた真子には、それを知る由もなかったのだった。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です