オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー5

「いや、なんの略語でもないですよ。これでフルネームですから」

「オレわかったよ! 私の取り巻きは全員マッコイズの略だね!(キリっ)」

「……」

「……よし。これで私も登録が終わりましたよ」

「ええ。じゃあ、次の話に移るから席についてもらえる?」

「はいっ。わかりました」

 スタスタと席に戻ろうとする真子。すかさず実はガシッと真子の肩を掴み笑顔で、

「おい、真子」

「なんですか? (ニコっ)」

「なんですか? じゃないだろ。オレ、今さっきボケたよな?」

「ええ。聞いてましたよ。すごいつまらなかったです」

「いや、だったら反応しようよ。たとえつまらくてもさ」

「え? 嫌です。だって先輩に関わると私まで注意されますから」

「でもだからって無視はないだろ。ていうか俺にも番号を教えろよ」

「はい。嫌ですけど?」

「いや、嫌ですけど? はおかしいだろ。部長に教えたら副部長である俺にも教えるべきだろ?」

「え〜。だって先輩と赤外線受信すると、なんか変なのに感染しそうだから嫌です」

「なんだよそれ。ただちょっと通信して終わりだぞ。何も起きないだろ」

「でも予防するに越したことはないじゃないですか。あ、諸橋大漢和もろはしだいかんわ5冊ぐらい挟んで通信するなら大丈夫ですよ」

「それじゃ赤外線通るわけないだろっ! どんな用心だよ!」

「え〜……じゃあわかりましたよ。画面見せて下さい。手入力で登録しますから」

「え、でも俺のアドレスって相当長いぞ?」

「別にいいですよ。先輩の電波を浴びるよりはマシです」

「なんだよ先輩の電波って……じゃあ好きにしろよ。ホラ」

 ポケットから携帯電話を出した実。プロフィール画面を呼び出して真子へと手渡す。真子はそれを見ながら、

「はい、どうもです。どれどれ、」

 開いたその先には、

 機種名称

 C-05M

 メールアドレス

 yunayunayunayunayunayunayuna@domomo.ne.jp

「長っ!! ってか怖!!!」

「なっ? だから言っただろ?」

「いや限度ってもんがありますよ!! ていうか何でひたすらにって書いてあるんですか!?」

「なんでって、そりゃあ柚菜が好きだからだよ」

 頭の後ろで手を組み、何と無しに言った実。真子は呆然。しばしの間の後に、

「え? 今なんて?」

「ん? だから、俺は柚菜が好きだって言ったんだよ」

「え〜と、それは実先輩が柚菜先輩を好きって意味ですよね?」

「そうそう」

「で、柚菜先輩が実先輩を好きって意味ですよね?」

「いやいや、動揺して変な事言わないでよ。私は別に好きじゃないから」

「全くそんな事言っちゃって。素直じゃないんだから。マイハニー」

 いきなり柚菜へ急接近した実。顔を近づけて甘い声で囁く。柚菜はニコッと笑って、

「ええ。じゃあ自分に素直になるわね」

 そして実の頬を右腕で鷲掴み。ミシミシミシと万力のように締め付ける。実は顔を圧迫されてすごい形相で、

「ふぃふぁふぃ。びょめんにゅびゅにゅにゅて」

「あら、割と可愛い声が出るのね。押すともっと出るのかしら?」

 ミシミシミシ。

「フィゴー!! フィゴー!! ファフフェテー!! フィヌー! フィヌー!」

 真子に助けを求める実。正直フゴフゴと聞こえるだけで意味は解らない。だがなんとなく危険を悟ったのだろう。真子は恐る恐る、

「えっと、柚菜先輩」

「はい、何かしら?」「フィゴフィゴゴゴ」

「いや、何かしらじゃなくて。そろそろ離してあげたらどうですか? 先輩死んじゃいますよ」

「そう? まあ十分痛ぶったし、この辺で許してあげるわ」

 パッと手を離した柚菜。実は息を吹き返して、

「プハァ〜! 真子ありがとうなっ! ってか大丈夫か! 俺の無敵のジャ(ジャ煮ーズみたいにカッコいい顔)は!? 崩れてない!?」

「ええ。元からなってないですから大丈夫ですよ」

「そっか! なら良かった! いや良かったのか? この場合?」

 頭に疑問符を浮かべる実。柚菜は頭を抱えながら、

「はあ、全く……次に変なこと言ったらこの倍はやるわよ?」

「ぶ〜。なんでさ〜? 好きだから好きって言って何が悪いのさ〜?」

「だから、そういうのは場所を選んで頂戴。こういう所で言わないで」

「そうか〜? 別に部室ならいいだろ」

「よくないわよ。第三者がいるならどこでも駄目。恥ずかしいでしょ」

「大丈夫だって〜。俺はそういうの気にしないから」

「駄目。実がよくても私は気にするの」

「なんだよ〜。そんなのい〜じゃん気にしなくて。真子もそう思うだろ?」

「まあ、それは人それぞれだと思いますけど……でもなんか意外ですね。あ、これどうもです」

 アドレス登録を終えて実に携帯を返す真子。実はそれを受け取りながら、

「おう。で、何がだ?」

「なんていうか、先輩って恋愛とか興味ないイメージがあったんで……他の人にもそんな感じなんですか?」

「いや言うわけないだろ。こんなこと」

「そうなんですか?」

「ああ。だってーー俺が好きなのはずっと柚菜だけだからな」

「な!?」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー8

2023年2月22日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 ギリッと変わり果てたイワンを睨みつける二人。敵意をむき出しにされている。しかし彼は余裕を崩さない。ニタニタとした笑い顔を浮かべたまま、 「僕は、僕は会いたかったよ、うん。 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー5

2023年2月4日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「あー。これとかよくないですか? 増田さん」  マサシ電気店内、ミカと店内を物色し出してから20分経過。そして30回目の『あー。これとかよくないですか? 増田さん』が出た瞬 …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー9

2023年5月15日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「え? 今なんて?」 「わかったって言ったんです!!」 「え? マジ? じゃあ」  希望が見えた。実は喜びで痛みを忘れて、立ち上がる。 「ただし! 条件が …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー13

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
心の中で二人の名前を口にする輝希。彼は徐々に迫るお別れを噛み締めるように、二人が天界へと帰っていく姿を静かに見つめ続ける。すると、  ゴンッ! 「うっ」「ったいです」 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー11

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「というかさ、仮に死んでたらその状態でもこうやって身体が普通に動いてるなんて事があるの?」 「ふむ、まあ割と簡単に可能な事だぞ。例えば死んだ肉体に一度離れた魂をいれたとする …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です