このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー13

「ふう……全くあの人は」

 呆れ顔で実を眺める美子。そして振り返り、真子を真剣な瞳で見つめて、

「……真木」

「え? なに?」

「あんた……この勝負、勝てるの?」

「……どう、だろう……自分でも良くわからない」

「はあ……あんたって本当に、曖昧で中途半端ね〜」

「……ごめん」

「まあ、それは今に始まった事じゃないか……でもね、これだけは言わせて」

「えっと……何を?」

 美子は一度深呼吸。そして今まで以上の強い意志で、真子を見つめて、

「あんたは私のパートナーだったんだから、それに恥じない試合をしなさい」

 友達だった頃のような、少し意地悪な微笑みを浮かべた。

「美子……うん。わかってるよ」

 微笑みを返す真子。その顔にもう迷いは無かった。美子は少し照れながら、

「ならいいわ。じゃ、がんばりなさいよ」

「うん、ありがとね、美子」

「ふん」

 赤い顔を隠すようにそっぽを向く美子。真子に背を向け、審判台へ向かう。真子はその後ろ姿を見つめ、もう一度、

「ありがと、美子」

 すっきりした。もういいや。なんでこうなったとか。どうして自分がとか。負けたらボランティア部行きとか。そんなのどうでもいい。今出来る事をやれ。全力でぶつかるんだ。

「さて、テニスか……久しぶりだな」

 自コートに立ちスタンバイ。ラケットを握り直す。体勢を整え、正面にいる実を捉える。どうやら実は準備万端らしい。素振りをしながら、ラリー開始を待ち望んでいた。中々奇麗なフォーム。美子が一目を置くだけの事はある。初心者とは言え、かなり手強いかも知れない。

「でも……負けたくない」

 ピィイィイ!!

 笛の音が鳴り響いた。音は審判台の上から。美子の笛だ。つまり練習開始の合図。二人は同時に身構える。

「だいぶマシな顔になったな……いくぞ真子」

 独り言のように呟いた実。サーブの体勢を取る。宙へと投げられた球。少し粗いフォームでスイング。ラケットと球がぶつかる小気味良い音。そして放たれたフラットサーブ。安定した軌道を描き、真子へと迫る。

 集中しろっ。

 真子は球を見据える。落下地点を予測。ステップで移動。軽く深呼吸。体勢を整え、タイミングを見計らう。予測した軌道でワンバウンドした球。ここだ。狙いを定めスイング。正確なレシーブを放った。

「ふっ!」

 小気味良い音。実のコートへと返って行く球。対する実もラケットを振り打球を放つ。やはり荒っぽい。だが決して悪くないフォームだ。

「ふっ!」

 再び球を返す真子。なめらかな動き。初めのレシーブよりもさらに正確な打球。少しずつ戻りつつある感覚。身体が自然に動く。悪くない気分。だが不安もある。テニスに対する恐怖。美子への罪悪感。それらが真子を束縛する。でも美子は応援してくれた。真子を。だから、

 大丈夫。いける。きっと。

「よ〜し、この辺で止めとくか」

 実はコート中央に歩み寄りそう告げた。10分程ウォームアップした二人。十分に温まった身体。取り戻した感覚。試合を始めるには問題ないコンディションだ。真子もネットを挟んで実と向き合い、

「そうですね、大分温まりましたし」

「ってか、真子ってかなり上手いんだなっ。ビックリした」

「……まあ、悪くない動きだったわね」

 純粋に驚く実。審判台から降りて、照れながら呟く美子。そんな二人の賞賛に、真子は顔を赤くしながら、

「そ、そんな素直に褒めないで下さいよ……というか、先輩もかなりいい動きしますよね」

「まあなっ、運動神経には自身あるからなっ。えっへん。」

「でも、テクニックはいまいちだけどね〜」

「そこは、美子が後であとで教えてくれよ〜」

「わかってるって。でも、まずは目の前の試合だね……二人共、準備はいい?」

「おうっ、いいぜ。真子、お互いベストを尽くそうぜ。言い訳なんて無しだからな」

「……はあ……もうここまで来たら逃げれませんよね……いいですよ、望むところです」

 溜め息と共に呟いた真子。その顔には少しだけ笑顔。言葉とは裏腹に、内心嬉しくもあった。

「よ〜し、じゃあサーブ権を決めようぜ」

「はいっ」

「アップオアダウン。ど〜っちだ?」

 ラッケトを両手で水平に持ち、くるり、と回した実。笑顔で真子に問い掛ける。

「う〜ん。ダウンで」

 実はラケットを垂直にして、グリップエンドを見下ろす。メーカーロゴは正しく上を向いていた。

「残念。アップでした〜。じゃあ俺サーブも〜らい」

「むっ。負けた」

「真木ってホントにトス弱いな〜」

「そんな弱いのか?」

「うん。あまりにも勝てないから、ダブルスの時はいつも私がやってたぐらい弱い」

「うっ、仕方ないじゃん、勝てないんだから……じゃあ、こっちのコート貰いますよ」

 自分のいたコートを指す真子。実は張り切った様子で、

「オッケー。よ〜し、はじめようぜ」

「はい、やりますか」

「ふふっ。まあ、頑張りなお二人さん」

「うん。ありがと」

「おう、美子も審判よろしくな〜」

「はいよ〜」

 手を振り、背を向ける美子。審判台へと向かって行く。それを眺めた後、実は真子の瞳をしっかりと見つめて、

「憑き物は取れたみたいだな」

「えっ?」

「まあ、賭けは一度忘れてさ、互いに楽しもうぜ」

 笑顔でそう言った実。その瞳は全てを見透かしているようだ。真子は少し怯んでしまう。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です