オリジナル小説

オリジナル無料小説 エンジェルゲート第1章ー1

1 天使達と僕

 人は死ぬと天国か地獄、俗に言うあの世と言われる場所へ行く。実際にあるのかもよくわからないのにずっと言われ続けてきた一説。

 オレンジ色に染まる空。畠山(はたけやま)高校から市街地へと向かうバスはガタガタと小刻みに揺れながら4月の爽やかな風を受けそれなりに発展した畠山市の街並を進んでいく。車内には畠山高校のブレザーを身を包んだ男女数人に子連れのおばさん、腰の曲がったお爺さんが個々に座っていた。そしてそのブレザーを着た内の一人、一番後ろの横に長い席の真ん中に座っている少年は中性的な顔立ちを『ふぁあ』と歪ませて欠伸を一つ。このゆる髪の少年ーー増田輝希ますだてるきもそんな世界があると思っていた内の一人だった。少なくともサンタが実際にいると信じていた歳ぐらいまでは悪魔、天使、ついでに宇宙人といった類いの可能性を根拠もなく考えていた。特に夢見がちな少年時代でもなかったが変に否定や馬鹿にするような事もなかった。だって輝希にはその方が素敵に思えたからだ。まあサンタの正体は近所のおっさん、鼻の曲がりそうな匂いの外国タバコが特徴の中年、だったのだが今の彼のとってそれは些細な問題だ。そう、問題は未確認のそれらの現存、記憶の中の太った無精髭のおっさんでもない。この現実に両隣にいる二人の少女ー天使達の事だ。

「ねーねご主人様帰ったら何します? 私はーー」

 輝希の右隣からキャッキャッとはしゃいだ可愛らしい声。輝希は少し嫌な顔をしてチラっとそちらに視線をやる。そこにいたのは声のイメージ通りの美少女だった。品の中に無邪気さの残る奇麗な顔立ち、そしてそれを彩るようなしっとりとした潤いのあるショートボブ。コンビニで買った雑誌に載っていた、モデルが着ていた衣装を真似て輝希がチョイスした春服もバッチリと似合ってしまうルックス。まるで人工物のような完成度の少女がそこにいる。でもそれもこの美少女の正体を知ればある意味納得出来る事だった。そう、現実にはあり得ない天然の薄桃色の髪が物語っているように彼女は人間ではなく、

 その少女は天使だったのだ。

 輝希は自分から一番近い二席前にいる同じ高校の女子に聞こえないようにボソッと、

「しー黙ってろってミカ。周りに人がいるから話ができないんだよ」

 ミカと呼ばれた少女な天使(ちなみにミカは本名ではなくあだ名らしい)はぶうと頬を膨らませて普通の少年ならばドキッとしてしまうような上目使いで、

「むー。またそれですか。だから他の人にも見えるように下界状態になるといつも言っているのに」

「ばっ、ばか。今は絶対にやめてくれよ。同じ学校の奴がいるんだから」

 下界状態。ミカの説明によると本来天使というのは人間には見る事を触る事も出来きず、声も聞く事は出来ないらしい。しかし下界状態といって天使として地位を落とす事により取り憑いている者ーー今回の場合は輝希の事になる、以外の人にも普通に見る事も話す事、そして触れることが出来るらしい。つまりこの天使な状態なミカと話してしまうと彼は“宙に向かって喋る中二病的なおかしな人”になってしまうのだ。たしかに周りにも見えるようにしてくれれば会話も出来るのだが。と輝希も考えはするが、

 でも知らない奴とは言え同じ学校の人にこいつらと一緒にいるとこなんて見られたくないんだよな〜。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー15

2023年3月21日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
当然だ。だってイワンは元の場所から一歩も動いてはいないのだから。ただその場で長い爪で自分を傷つけぬよう軽く拳を握っただけだ。ならばその痛みの正体は、 「ふん、私の怒りの感情 …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂 2ー23

2023年7月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
『何一人でブツクサ言ってんだ?』  気付くと横に和也が立っていた。真子は椅子から飛び上がり、 『なっ!? え!? い、いつからそこにっ?』 『今来たばっかだよ。 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー13

2023年2月9日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 輝希の身体に触れた瞬間、彼女は小さくうめき声をあげた気がした。顔を見るとすぐにそれは気のせいではないとわかる、明らかにただ躓いたという様子ではない。彼女はまるで、全身の苦痛に耐 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

無料オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー23

2023年4月3日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「少し、黙って、くれ、遠藤、とやらの記憶よ」  頭を押さえてイワンは遠藤の記憶を隅へと追いやる。なるほど、一度理解してしまえば容易い …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー25

2023年7月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「はあ。そうなんですか」 「ええ……用はそれだけ? もうすぐHR始まるわよ」  早々に話しを打ち切ろうとする柚菜。でも、だめだ。まだ 肝心な事を言えていない。真子はす …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー2

2023年1月26日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「うむ」  と、いきなりチクワの声はそんな事を言ったのだ。レミは不思議なその練り物から目を離して、輝希を見上げて、 「増田マスター、おかえり」 「ただいま。で何 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー14

2023年3月19日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ふ、ふふ」  そして、その中には来人が主犯となり起こした行動もある。彼は対象となった同級生を思い出し思わず笑みが溢れる。来人が目を付けたのは同じクラスの内気な少年。恐怖に …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー10

2023年1月29日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 どう、と言われてもどうすればいいのだ。とりあえず彼女が天使とバレなく、さらに親にからかわれないような改ざんの仕方なら文句はない、と考えていると輝希よりも先に、 「ここは無 …
浜辺美波さんと付き合いてぇ 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集16

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 浜辺美波さんと付き合いてぇ 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です