オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー18

エンジェルゲートサムネ

「ふ、なるほど」

 渡り廊下の内側の隅、そこにあったのは剥き出しのチクワが一本。天使の力の正体はどうやらこれのようだ、そしてこれがここにあるという事は、

「レミはこの力でオレより広範囲のレーダーを持っているに等しいというわけか」

 このチクワにはレミの力が込められており、まるでレミ自身がここにいるかのように周囲の状況を感知する事が出来る。狙ってここに置かれていたというわけではなく、これが学校全域に配置されていると考えていいだろう。

「ふむ」

 このままではイワンが彼女の感情や力を感知するより先にこちらの現在地を知られてしまう、その度に移動されてしまうとなるとレミの場所を特定するのは困難だろう。ならば、

「ならお前のその目を一つずつ潰していこうじゃないか」

 振り下ろした右足は練り物を粉砕し肉片と化す。そこからはもう天使の力は感じない。こうして彼女の監視カメラとなる練り物を見つけ次第に潰していく、そうすればそうするほどにレミはこちらの状況を把握出来なくなる。

 これはこれで面白い。やはりすぐに殺しはしない。もっと、もっとジワジワと彼女に恐怖を与えていこうではないか。

「レミ……?」

 意識を集中させると近くから天使の反応があった。渡り廊下からも見える、廊下を渡り切ったすぐ左側の教室だ。そこから感じる力はここにあった監視カメラ紛いの物とは違い、より強力な天使そのものの存在に近かった。一瞬レミかと思ったがイワンはその正体に心当たりがあった。

「いや違う……少年か」

 少年ーー増田輝希とレミの魂は混合しなかば結合状態にある、それに魂のほとんどを形成したのはレミの力。なのでレミと輝希の魂の色、感覚とでもいうのだろうか、とにかくそれは極めて近い状態となっていたのだ。

 だがイワンには分かる。レミの魂ならもっと強力な力を感じるはずだ。それに微かな混じり気、自分や赤土蛍の魂と同じ感覚を感じる。

「少年、覚悟は出来たのかな」

 口元に自然と浮かぶニヤけた笑み。イワンは彼等三人と対峙した時から決めていた事があった。

 それは少年、増田輝希は必ず最後に殺すという事だ。

 愛する少女ーー赤土蛍を失った少年。そして彼はこの後、さらに二人の天使の命を失う事になる。ここに来たという事は彼の中に再び宿ったのだろう。イワンに対する復讐心、殺意が。だがそれはこの後のレミとミカの死によってまた崩れ去るのだ。そして絶望と恐怖に塗りつぶされた少年をこの爪で殺す。赤土蛍と同じように首を切り落として。

「ふ、ふふ」

 故に、この悲劇を完結させるには輝希の存在は必要不可欠。逃げずに校舎へと彼が乗り込んできたのはイワンにとって好ましい展開だった。

 だがイワンは疑問に思う。少年は何故ここにいるのか、と。

 もちろんその目的はイワンを殺すためなのだろうが、問題はその役目だ。少年ーー増田輝希はレミの力で蘇ったとはいえただの人間だ。その身に天使に等しい魂を持っているとはいえ天使ではない彼はその力を使う事はできないし、それにより再生力は上がっているようだが、だからといって肉体に驚異的な力が宿ったわけではない。つまり他の点は普通の人と変わりはないのだ。

 輝希自身にはイワンと闘う力はないだろうし、それに高い回復力を有しているといっても、イワンの攻撃により一撃で生命を断たれるようなダメージ、例えば爪で心臓を貫かれる、首を刎ねられる、等を受けた場合はその回復力だって役にはたたない。

 だからイワンは思う。なぜ彼は一人であの教室で待機をしているのか。そしてイワンが導いた答えは、

 少年ーー増田輝希は囮だと言う事だ。

 このそこら中に配置された疑似監視カメラ。これによりレミにこちらの位置等が伝わっているのなら、彼女は輝希にも情報を伝えているはずだ。

 なのに彼は先程から特に動く様子はない、それに近くにレミの気配も感じない。

 だが少年をただ危険にさらすような事をレミはしない。と言う事は彼女は力を消して近くに潜んでいるはず、そして自分が少年に近づいたところを奇襲で攻めてくるはずだ。

 しかしこの奇襲を読まれているのはレミならばすぐ気付くだろう。なぜならレミ側にイワンの現在地が漏れているという事をイワンが認知している事に彼女は既に気付いている。ならなぜ無力な少年をオレから遠ざけない? これは何かある。イワンがそう警戒したうえでこちらに来る事は理解しているはずだ。そして、それすらも計算の内だろう。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー7

2023年1月24日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 聞き慣れないゲームのような単語が複数出て来たが、二人に冗談を言っている様子はない。輝希は頭を整理しながら、 「とにかく君達が天使だってのはわかったよ。僕の魂を迎えに来たっ …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー19

2023年3月30日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 だからこの作戦はレミ自身も囮。彼女にはもう一つ駒があるではないかーーレミの部下である天使ミカ。  本命はもう一人の天使を使った二重の奇襲だろう。いや、本命というより狙いは …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー8

2023年2月6日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「よし、じゃあこれ買って来るよ、ミカ」 「あれ増田さんもう決まったんですか」 「ああ、レジに行って来るからさ、ミカはこの場で待っててくれないか」  当たり前のよ …
オリジナル小説

オリジナル無料小説 ボラ魂(こん) あらすじ

2023年4月14日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
私、真木真子は努力が嫌いだ。禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、ある日突然現れた先輩・椎野実(しい …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です