このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー18

「うぉ!?」

 急いでネットへと駆け出す実。だが間に合わない。球は実コートへと落ち、ネット付近で小さくバウンドした。

「はあはあ……」

 間一髪のネットイン。一応形だけみれば真子のポイント。だがコールはない。その代わりに美子自身がコートへと降り立つ。そして二人に告げる。

「大声出してすみません……少し、真木と話させて下さい」

「美子……」

 申し訳なさそうな顔の美子。きっと試合に水を差した事を気に病んでいるのだろう。真子は心が痛むのを感じる。また汚してしまったからだ。美子のテニスへの想いを。情熱を。一度ならず何回も。だから心が痛い。だが、美子は自分のために傷ついてくれた。叱ってくれた。だから聞かなければならないのだ。真子は戸惑いながらも、力強く、

「……うん」

「ああ。俺も構わないぜ。言いたい事があるなら言っちゃえよ」

 実は励ますような笑顔を美子へと向ける。きっと実は待っていたのだろう。美子のその言葉を。だから、いつもよりも余計に笑顔なんだろう。

「ありがとうございます……じゃあ真木。聞いて」

「うん……わかった」

「すぅ〜」

 真子をしっかりと見据えた美子。目を閉じて大きく息を吸い、

「アンタは弱気すぎなのよバカッ!!」

「へ!?」

 予想外の言葉。真子は思わず間抜けな声が出る。しかし美子は気にせず言葉を続けた。

「いい!? 前衛だったアンタが勢いを無くしてどうするのよ! ワンゲーム獲られた? だから何? すぐ取り返せばいいのよっ。難しく考えるなっ。気にせず自分の闘い方をすればいいのっ! それは今も同じ! わかった!?」

 続けざまに告げる美子。今までずっとえてきたもの。あの大会の日、真子を気遣い言わなかった言葉。それら全てを真子にぶつける。真子は圧倒されてしまい、

「えっ? ええとっ?」

「だから」

 美子は笑みを浮かべる。いつもの意地悪な笑みじゃない。だれかを応援するような優しい笑み。そして柔らかな声色で、

「とにかく、突っ走ればいいのよ。バカ」

 すうっ、と憑き物が取れていくのを真子は感じた。何だろう。身体が軽い。さっきまで動かなかったのに。いや違う。動けないと思い込んでいた。本当は動けたのに。それを美子が気付かせてくれた。だから、闘える。

 真子は美子の笑顔に応えるように、強い意志を込めて、

「うん。ありがと」

 ピィイィイ!!

「プレイ!」

 第8ゲーム再開。スコアは40・ラヴから。先のポイントは真子の同意の下ノーカウントとなった。だからポイントはそのまま。実の優勢は変わらない。しかし真子の心は大きく変わっていた。先程まであった迷い。それはもう消え失せていた。

「ふっ!」

 真子の闘い方はダブルス向けだ。理由は防御面に優れていないから。だから今回、自分のプレーを封じ込めた。そして無意識の内に防御に徹していた。真子は恐かったのだ。ペアがいない事が。守ってくれる人がいない事が。でも美子のおかげだ。今は真子自身の闘い方が出来ている。恐れずテニスをやれていた。

「40・15!」

 真子のテニスは速攻型の短期戦タイプ。それは実も同じ。だから恐れていた面もあるのだろう。同じ土俵に立てばどちらが優秀か明白になってしまうから。それ次第では自分を否定されることにもなるから。だから、真子は弱気になっていた。

「40・30!」

 でも、もうそんな事は気にせずに闘える。だって、短かったけれど、

「40・オール!」

 美子と頑張ってきた努力は、そう簡単には崩れないから。

「ゲームセット アンドマッチ ウォンバイ真子 シックスゲームtoスリーゲーム!」

 真子の勝利を告げる声がコート一面へと響いた。そしてコールする美子の声は、とても晴れやかなものだった。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です