このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

無料オリジナル小説2ー17

 ピィイィイ!!

「プレイ!」

 第7ゲームの開始。真子のサービスからスタート。安定したトス。見本のようなフォームでサーブを放つ。だが、

「くっ!」

「ラヴ・15!」

 ポイントを手にしたのは実。それもリターンエース。どうしても打ち返せない。真子は自身に苛立ちを覚える。しかし諦めず次の手を思考。だが思い浮かばない。そう、本当は解っているのだ。自分は打ち返す気なんてないのだ、と。

「くっ!」

「ラヴ・30!」

 真子が最も苦手なもの。それは努力や根性。理由は暑苦しいから。性に合わないから。だから真子は絶対に熱くならない。何事も中途半端にこなしてきた。でも、真子はそれを破ろうとした。だからだろう。こんなにも身体が重いのは。こんなにも辛いのは。

 なら、終わりにしたい。

 そして、真子はいつものように考えた。嫌な事からは逃げ出せばいい、と。

「ふっ!」

 球を放つ真子。相変わらずの奇麗なフォーム。だが瞳はやる気を失っていた。もう限界だったのだ。頑張る事も。夢中になる事も。だからこれでいい。このまま適当にやり過ごせばいい。負ければいい。真子の弱い心はそう考える。そして、真子はもうそれを否定などしない。ただそれに従い敗北に向かうまでだ。

「ラヴ・40!」

 いつもの変わらない美子のカウント。それが悲しい声色に聞こえた気がした。真子はなんとなく審判台を眺める。そこにはどこか寂しくも見える、美子の横顔が見えた。

「ふっ!」

 真子はその表情に見覚えがあった。確か最近の事だ。でもモヤがかかった感じで上手く思い出せない。真子はぼんやりと球を見つめながら物思いに耽る。もはや試合など興味のない様子で、

 いつだったかなぁ。

「ゲーム実 スリーゲームtoファイヴゲーム!」

「真木」

 第7ゲーム終了。結果、実の圧勝。真子のプレーに苛立ちを募らせた美子。いけないと解りつつも、コートチェンジ中の真子へと詰め寄る。いかにもご機嫌斜めな様子で、

「さっきの試合なんなの? やっぱどこか調子悪いの?」

 その表情は責めるようであり、心配しているようでもある。真子は言葉に詰まり曖昧に、

「ううん……そういうわけじゃないけど」

「じゃあ、なんなの? なんであんなふざけた試合をしたの?」

「……ごめん」

 美子の気迫に怖じ気づく真子。試合に飽きた。そう正直に答えることなど出来ない。だからなんとなく謝ってしまう。すると、美子はどこか遠い目をして、

「そう……あんたも変わらないわね……」

「美子?……」

 不思議に思い問い返す真子。だが美子は応えない。背を向け審判台へと去っていく。その後ろ姿はとても寂しくみえた。

 ピィイィイ!!

「プレイ!」

 ああ、そうか。思い出した。

「15・ラヴ!」

 あの時と同じなんだ。あの大会の時と。

「30・ラヴ!」

 第8ゲーム。またも実の圧倒的優勢。真子は辛うじて球を返している程度。上の空で試合に挑み、再び物思いに耽る。そして思い出す。夏の大会。美子とダブルスで出た時の事を。あの時もこんな感じだったな、と。そう初めは快調だった。だが、相手にワンゲームを獲られた。それがきっかけ。狂いだす二人のチームワーク。調子を取り戻した相手ペア。結果、真子達は逆転負け。終わってしまった夏の大会。確かスコアは4・6だった気がする。だがはっきりとは解らない。あの試合の後半の事を、真子はあまり憶えていないから。

 いや、違う。思い出したくないだけなんだ。だって、

「40・ラヴ!」

 私は嫌な事から、いつも逃げ出しているから。

「ゲーム実 スリーゲームtoファイヴゲーム!」

 徐々に縮まる二人の点差。美子はさらに苛立ちを募らせる。しかし美子は審判。真子にアドバイス等は出来ない。それに今の真子には何を言っても無駄だろう。歯がゆい思いを感じながら、美子は仕方なく第9ゲーム開始を告げた。

 ピィイィイ!!

「プレイ!」

 第9ゲーム。放たれた実のサーブ。球速のあるフラットサーブだ。安定した軌道でコートへと迫る。全力でも打ち返せるか解らない速さ。でも、それはもう真子には関係ない事だ。だって、真子は既に勝つ気などないのだから。

 本当は動けると思う。それもたやすく。

「15・ラヴ!」

 でも、それを止めるもう一人の自分がいる。

「30・ラヴ!」

 何を熱くなってるの? って言いながら私を引き止める。

「40・ラヴ!」

 だから甘えてしまう。自分の弱い心に。だから打ち返せない。本気で動こうとしないから。だから、

「動けぇえぇ!! バカ真子ぉお!!」

「ッ!!」

 突然の大声。発したのは美子。真子はハッ、となり正面を見据える。そこには実の放った球。いける。今飛び込めばまだ間に合うはずだ。真子は嫌がる心を動かし、球へと飛び込む。

「とどけぇえ!」

 間一髪で打ち返した真子。しかし焦ってスイングしたため、球は低い軌道を描く。そのままネットへとぶつかる。だめだ。入らない。そう考えた真子。だが、球はネットとぶつかり大きく跳ね上がる。そして実コートへと力なく落ちていく。ネットインだ。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です