オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー4

「はい……何ですか?」

 すうっ、と柚菜は息を吸い、

「あなたは“すごいヴィジュアルボーイ・ま〜さし”が好きで月刊VーLIFEの質問コーナーに投稿して、意味の解らないファン魂を見せて珍質問をしたと言うのは本当ですか?」

「長っ!! しかもさっきの話と全然関係なかった!」

「柚菜〜、それ何の話?」

「ええ。実はねーー」

「わっーー!! だからその事はもう忘れて下さい!!」

 慌てて柚菜を制止させようとする真子。柚菜はくすくすと笑い、

「あら、なんで止めるの? せっかく私が質問したのに」

「う〜。質問ていうか脅迫じゃないですか……はあ、心配して損しましたよ……」

「ふふ。一体何を心配したのかしら?」

 イジワルな笑みで問い掛ける柚菜。それに対して真子は俯いてモジモジしながら、

「何って、その、あの……臆病者とか、そう言う風に思われたんじゃないかって……」

「馬鹿ね。私はそんなこと思わないわよ」

「……本当ですか?」

「ええ。だって、」

 そこで柚菜は微笑んだ。それはさっきまでの意地悪な笑みではない。人を励ませる彼女本来の笑顔。あの日、真子に見せたものだ。彼女はその笑顔でしっかりと真子を見つめて、

「私は逃げているような人を入部なんてさせないわよ」

 そうはっきりと言い切ったのだ。きっとそれは不器用な彼女なりの励まし方なのだろう。そう考えると自然と笑みが溢れた。真子は少し照れて顔を赤くしながら、

「柚菜先輩……ありがとうございますっ」

「ふふ。まあ私も応援しているから、せいぜい頑張りなさい」

「はいっ」

「ふふ。そう。じゃあ……そうね。次は連絡先を交換しましょうか」

「はい? 連絡先ですか?」

「お嬢さん。これでよろしいですか?」

 急にズイっと柚菜の目前に移動した実。その手にはいつの間にか携帯電話。キザな笑みで柚菜へと話しかける。それに対して柚菜は無感情に、

「ええ。てめぇのは知っているから黙ってろ」

「……はい。すみませんでした」

 そして実はすごく落ち込んだ。

「ふう。この馬鹿は放っときましょう。さて、あなた携帯は持っているのかしら?」

「あ、はいっ。ありますよ」

「そう。じゃあ番号を教えてもらえる? あなたは学年も違うし、連絡先をしらないと不便だから」

「まあ確かにそうですね。ちょっと待って下さい」

 そう言い机の横に掛けてあった鞄を上に置く真子。立ったまま鞄のサイドポケットをガサガサ。ピンク色のdomomoの携帯を探す。すると実が少し驚いたように、

「へ〜、真子って携帯持ってんだな。意外だ」

「ありますよ。高一なら普通だと思いますけど。先輩は持ってないんですか?」

「いや、あるけど」

「じゃあ、なんで聞いたんですか?」

「だって友達いない奴って割と持ってないだろ」

「なっ!?」

 絶句する真子。携帯捜索中止。真子はその場に立ったまま大声を上げて、

「いきなり心外なこと言わないで下さい! ちゃんといますから!」

「え〜。う〜そだ〜。だって友達いる奴があんな笑顔でヒトカラできるわけがねえもん」

「だからしつこいですって! 他の人は部活なんですよ! それで仕方なく一人で行ったんですっ!」

「仕方なくってなんだよ! まず一人でカラオケに行く必要がないだろ! 休みの日にみんなで行けよっ!」

「いやっ、まあ、それはそうですけど……」

「だろ〜? そ〜れ! そ〜れ! 化けの皮が剥がれたぜ!」

「むっか〜!!」

 我慢の限界。真子は机を叩き、顔を赤くして、

「いいですか先輩! 恥ずかしいので黙ってましたが、あれは私が月一でやっている “ま〜さしへの信仰を深める儀式(ていうか会)”なんですっ。よって私が認めた人しか入れません! だから一人でやってたんですよっ! 勘違いしなで下さい!」

「何その会!? 逆に勘違いするだろ! 怖いな、お前……」

「そんなに引かないでくださいっ! だから言いたくなかったんですよ!!」

「二人ともうるせえ。黙れ」

 再び無感情で呟いた柚菜。柄も知れぬ威圧感。真子と実は圧倒され、

「う……すみませんでした」

「はい……私めが調子をこきました」

「はあ……あなたもこの馬鹿に振り回されるとロクな事ないわよ。あまり関わらないようにしなさい」

「そうですね。このしつこいバカの事はシカトします」

「あれ? 今さらっと付け加えなかった?」

 笑顔で問い掛ける実。でも真子は華麗にシカト。再びサイドポケットに手を入れて、

「あっ、ありましたよ。柚菜先輩」

「ええ。じゃあ赤外線通信で送りましょうか」

「はいっ。わかりました」

 そう言い黒板の方へ進む真子。座っている柚菜と携帯同士を近づける。そしてメニューから赤外線送信の画面を開いて、

「えっと、じゃあ私から送らせてもらいますね」

「ええ、どうぞ」

 ポチッと決定ボタンを押す。送信開始。しばらくして画面表示が切り替わる。送信完了だ。柚菜は携帯画面を見ながら、

「ありがとう。これで登録完了ね。真木真子……改めて見ると略語みたいね。いったいなんの略称なのかしら?」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー6

2023年1月24日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 輝希は拍子抜けしてしまった。天使、そんな冗談みたいな言葉が出たからだ。まあ確かに二人とも比喩として使われる天使のような可愛さではあった。でもだからと言ってこの二人を空想上の天使 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー13

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
心の中で二人の名前を口にする輝希。彼は徐々に迫るお別れを噛み締めるように、二人が天界へと帰っていく姿を静かに見つめ続ける。すると、  ゴンッ! 「うっ」「ったいです」 …
オリジナル小説

オリジナル無料小説 ボラ魂(こん) あらすじ

2023年4月14日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
私、真木真子は努力が嫌いだ。禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、ある日突然現れた先輩・椎野実(しい …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー19

2023年2月1日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「でもホント美味しいです。是非今度教えてもらいたいですっ」  麻婆ナスを食べながら笑顔で話すミカ。ちなみに今料理に手をつけているのはこの食いしん坊だけ、蛍は輝希の母親までい …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー8

2023年1月24日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 テーブルにがくっと項垂れるレミ。どうやらその赤いなんとかが見れずに落ち込んでいるらしい。でもなんで今ここでそれを言うのだろう。輝希は戸惑いながら、 「で、さっきからその、 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー9

2023年2月6日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……ですよね」 「何かいいました?」 「いや別に、ってか違うよ、レミにあげるのはこのイヤホンだけだよ」 「じゃあなんで買うんですか、素直に白状しないとこの後の …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー15

2023年1月30日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「増田、おはよう」  増田家のテーブルにはざっと目につくだけでも、肉じゃが、エビチリ、スパゲッティ、サラダ、それと他にも主菜が数点、と和洋中おかまいなしの蛍の得意料理が並ん …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です