オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー8

エンジェルゲートサムネ

「よし、じゃあこれ買って来るよ、ミカ」

「あれ増田さんもう決まったんですか」

「ああ、レジに行って来るからさ、ミカはこの場で待っててくれないか」

 当たり前のように自分も付いて行くつもりだった彼女はきょとんとした顔で、

「なんでです?」

「いやこの小島って人をこのまま置いておくわけにも行かないだろう。もしかしたら目を覚ますかもしれないし、だからその時は、」

「わかりました。その時は面倒な事にならぬようもう一度眠らせればいいんですね」

「だから意識奪おうとするなって!」

 その言葉で思う。彼女一人をここに置いていくのは危険だと(小島さんの命が)。

 というわけで輝希はミカを連れてレジへと向かい、商品を購入してプレゼント用の包装をしてもらった。ちなみにその後、店員を連れてイヤホン売り場に戻ると丁度小島さんは目を覚ましたところだった。しかしあまりの衝撃から何故こうなったのかを覚えていないらしく、自分で転んで気絶した事にしてその場は偶然丸く収まった。そして輝希達は小島さんに対する罪悪感を少し抱きながら店を後にした(多分ミカはそんな事思ってないだろう)。

 

「さて、増田さん」

 一時間ぶりに店の外へと出た二人。輝希より足早に外へ出たミカは今日一番のスマイルでこう言うのだ。

「どこで食べましょうか?」

 ドキッ、としてしまう笑顔。しかしその裏は溢れんばかりの食欲で溢れている。とは言えまだ腕時計で確認すれば時刻は11時00分、昼食には早い時間だ。ミカはいつでもたらふく食う準備万端のようだが輝希はそうでもない。ならばもう一つの用事を先に済ましておこうか。輝希はそう思ったが満面の笑みの彼女に、まだ食事が後回しになる事を伝えるのはなんとなく勇気が必要だった。彼は戸惑いながら少し申し訳なさそうに、

「ごめんミカ、実はもう一件寄りたい店があるんだけど」

 頭を下げながら輝希はチラリとミカを見る、すると彼女は口を半開きにして面食らった表情をしていた。電気屋の時からこの食事だけを楽しみにしてきたミカの事だ、やはりショックだったのかもしれない。もしかしたら怒られるかも。そう覚悟したが、

「わかりました」

「え? いいの」

「あたりまえじゃないですか」

 なんともすんなり承諾してくれたものだ。しかし輝希には違和感が残るミカの対応、というか逆に喜んでいるようにも見えるんだけど。戸惑う輝希にミカは笑顔のまま、  

「もう一件と言わず何件でも付き合いますよ、ハンバーグですか? ステーキですか」

 もちろんだが別に飲食店にもう一件寄ろうという訳ではない。言葉の脈略から大体の人はわかりそうなものだが。輝希は手を左右に振りながらその誤解を解く、と同時に今度こそミカの機嫌を損ねる事を覚悟する。

「いやそう言う意味じゃないよ、アクセサリー屋なんだけどさ」

「アクセサリー? 知らない食べ物ですね。こっちに来て大体の食物については勉強したつもりですが」

「食べもの以外についても勉強しなさい。えっとね、アクセサリーってのは装飾品の事だよ」

「装飾品、ああ、あれですね、お弁当によく付いているあの緑色の草、えと、バランーー」

「そんなものを腕とかにつけてたらバカみたいだよ」

 どうやら本当に食べ物関係は勉強したんだろうな、おそらくレミに聞いてもバランという名詞は出てこないだろう。しかも、

「ちなみにあれは人工バランといって本物のバランではないんです。といってもバランという物もないんですけどね。あれは元々ハランという植物を真似たものであって、」

 無駄に詳しい。

「いやわかったわかったよ、でも今から行く所は食べ物と何の関係もないんだ。わかるだろ?」

「そうですか……」

 食べ物と何の関係もない。どうやらそれが決めてとなったようだ。行きたくない、と文句を言う事もなかったがミカはガックリと肩を落とした。

「ちなみにその装飾品とやら、それもレミちゃんへのプレゼントでしょうか? ……私にじゃなくて」

 弱々しく呟くミカ。でもそれはどこか落ち込んでいるのとは違って見えた。

「え? どういう意味?」

 もしかして焼きもちやいてる?

「いえ、ならレミちゃんだけ2つ貰えるという差別+もう一件寄らなければならないという拷問=で私は寿司を要求してもいいんじゃないか、と思いましたっ」

 ではなく、ただ不公平を嘆いていただけらしい。言い分も子供みたいだな。と苦笑いが自然とこぼれた。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー11

2023年3月7日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 正直こんな彼女の無惨な死体は見ていたくなかった。だが消えてしまうとなると、本当に最後の別れが来た事が分かってしまって。もう、彼女が戻る事はないと理解してしまって、  輝希 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー13

2023年2月9日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 輝希の身体に触れた瞬間、彼女は小さくうめき声をあげた気がした。顔を見るとすぐにそれは気のせいではないとわかる、明らかにただ躓いたという様子ではない。彼女はまるで、全身の苦痛に耐 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー9

2023年2月6日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……ですよね」 「何かいいました?」 「いや別に、ってか違うよ、レミにあげるのはこのイヤホンだけだよ」 「じゃあなんで買うんですか、素直に白状しないとこの後の …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー7

2023年1月27日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
忘れていた。レミは僕と結合している限り天界には帰れない。ということは彼女も、彼女も そうなのだろうか。輝希は自分の額にヒヤッとした汗が流れるのを感じた。焦る輝希に対して鈴木は心配 …
ガッキーと付き合いてぇ 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集17

2024年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 ガッキーと付き合いてぇ 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌 …
no image 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集13

2024年4月8日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌全盛期に行われた最強の …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー15

2023年3月21日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
当然だ。だってイワンは元の場所から一歩も動いてはいないのだから。ただその場で長い爪で自分を傷つけぬよう軽く拳を握っただけだ。ならばその痛みの正体は、 「ふん、私の怒りの感情 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です