オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂4−2

「おいおい、真木。別に俺はエロ本を探しに来たわけじゃないぜ。ていうかお前が言った所って焼却炉じゃねえか。見つけても読めねえだろ」

「え、違うの? じゃあ何であんたがここにいるのよ?」

「ふっ。何故かって? それは俺こそが今日招かれたゲストだからだ」

 そう言い口元に手を当ててニヒルに微笑む岡崎。そのまま教卓の前までツカツカと歩いて来る。真子は期待して損した。と言わんばかりの表情で、

「……柚菜先輩、ある人ってこのクズの事ですか?」

「ええ。この人の事よ。まあ、招いたと言うより岡崎君の方から相談に来たんだけどね」

「相談?」

「ええ。実はーー」

「ちょっと待ったー!!!」

 急に大声を出した岡崎。腕を伸ばして柚菜の言葉を遮る。それを見て真子は不思議そうに、

「急にどうしたの岡崎?」

「いや、まあ、確かに相談に来たのは間違いない……だが」

「だが?」

「何で真木がここにいるんだよ?」

「何でって言われても、ただ自分の部活に参加しているだけだけど」

「ん? じゃあお前新しく部活に入ったのか?」

「そうよ。まあ部活っていうかボランティア同好会なんだけどね」

「へえ〜、そんなのがあったんだな。全然聞いたことなかった」

「まあ、私もこの前知ったんだけどね……あれ? それを知った上でここに来たんじゃないの?」

「ううん、全然知らねぇ」

「じゃあ何でこんなとこに相談になんて来たのよ」

「それはだな、」

「俺が誘ったんだよ」

 声に反応して岡崎は教壇の方を振り返る。するとそこには復活した実の姿。岡崎はそれを見た途端に子供の様な笑顔で、

「師匠! そこにいたんですねっ!」

 その言葉に対して実は誇らしげに、

「ああ、柚菜にヤラれて軽くトリップしていたトコだ。全くいつもの事とはいえ困ったもんだぜ」

「ひょーっ、さすがっす! 日の沈む前からエンジン全開ですなぁ!」

 そう言いながら岡崎は胡麻をすり気持ち悪い笑顔を浮かべる。意味不明なやり取りだった。柚菜は横目で実を睨みながら不機嫌に呟く。

「なんか腹の立つ言い方ね。もう一回旅行させてあげようかしら」

「是非岡崎ごとお願いします。ていうか師匠って何なんですかね?」

「おっと。そういえば真木には言ってなかったな」

「何を?」

「この俺の新しいモテ師匠・ミートパスタ実様の事をだっ!!」

 ドンッ! と宣言をする岡崎。その目は希望に溢れている。まるで救世主を見つけたかのようだ。一方、実はよほど嬉しかったのだろう。教壇に立ち自信満々に胸を張っている。それに対して柚菜&真子は、胡散臭い壷でも売られているかのような顔で、

「……アンタ、そのちっこいのにモテがあると思ってんの?」

「ええ。というか何? その売れない俳優みたいな名前」

「なっ、真木! 柚菜さん! このお方に対して無礼だぞっ!」

「そうだっ! そうだっ! 校内一のジャ煮顔にがんを持つ俺に謝れっ!」

「え〜、だって先輩って明らかにモテなさそうですもん……実際どうなんですか柚菜先輩?」

「ええ。お察しの通りモテないわよ」

「ですよね〜」

「柚菜! お前はこの一年半何を見てきたんだよ! いくらカッコいいからって俺の顔ばっかり見てきたんじゃないだろうなっ!」

「ええ。そうね。科学の実験とか体育の度にハブにされて落ち込む顔を何回と見てきたわね」

「調子こいてすみませんでした!」

 想像以上に酷い現実だった。真子は表情を暗くして、

「それ、モテ要素全くありませんよね……」

「ええいっ! そんなのはまやかしにすぎんっ! 真木お前は見ただろうっ! このお方の奇跡を!」

「は? 奇跡って何よ?」

「あれだよ。水澄が師匠に抱きついた時だよ」

 その言葉で真子は思い出す。それは数週間前の出来事。朝 いきなり現れた実。そしていきなりカワイイと言い出して抱きついた千佳子。岡崎達下衆共を興奮させた一件だ。真子は呆れた顔で、

「……もしかしてアンタ、あれをみて弟子入りしようと思ったの?」

「あたりまえだっ! あんなのを見せられたらこのお方の下でモテ道を学ぶしかないだろっ!」

「いや、あれはち〜この趣味が異常なだけだから。実際この先輩はモテないって」

「そんなことはないっ! この人こそ真の学校一のモテ男だっ!」

 再びバーン! と言い切る岡崎。実はその言葉によほど感激したのだろう。少し目を潤ませながら教壇から降りて来る。そして岡崎の横に立ってポンと肩に手を置き、

「岡崎君……キミはすごく良い子だね。これ黒飴だけど舐める?」

「師匠……オレ黒糖大好きですよ」

 黒飴を渡しながら見つめ合う実と岡崎。相当に気持ち悪い絵面だ。なんだか話が脱線しつつもある。真子は会話の軌道を戻すために、

「まあ先輩がモテるかは置いといて、結局あんたは何しに来たの?」

「え? いや、だからちょっと相談があって来たんだよ」

「うん。だから一体何の相談なのよ?」

「いや、改めて言わなくてもさ、だから、ほら、あれだよ」

 急に言葉を濁し始めた岡崎。少し恥ずかしそうにボソっと、

「どうやったら彼女が出来るかを聞きに来たんだよ」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー2

2024年5月12日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……なんかスゴいバンド名ですね。聞いた事ないですよ……」 「そう? まあ確かにコアな人達ではあるわね」 「ま〜さしとかは聞かないんですか?」 「いいえ、聞いて …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー1

2023年2月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
3 天使達と様々な思い 「だって私も、もっと輝希のそばにいたいからさ」  あの日、あの夜に蛍からそう告げられてから1週間が経った。  だが彼女、赤土蛍と増田輝希 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー6

2023年1月24日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 輝希は拍子抜けしてしまった。天使、そんな冗談みたいな言葉が出たからだ。まあ確かに二人とも比喩として使われる天使のような可愛さではあった。でもだからと言ってこの二人を空想上の天使 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー10

2023年1月29日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 どう、と言われてもどうすればいいのだ。とりあえず彼女が天使とバレなく、さらに親にからかわれないような改ざんの仕方なら文句はない、と考えていると輝希よりも先に、 「ここは無 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー16

2023年2月1日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「輝希が生まれて口にした言葉がね、ぷっ、これが可笑しくて、なぜか“ちくわ〜”って急に喋りだしたらしいよ」 「むう……やはり増田は練り物と何かしら関係が」  と、お前が …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー3

2023年4月30日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
昼休み。一年二組の教室。授業から解放されて騒ぐ生徒達。購買に行く学生。談笑する女子。エロ本を見始める岡崎達。等、やることは様々だった。 「真子〜、そろそろ行く〜?」  …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー12

2023年2月8日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「あはは、輝希、相変わらずドジだなあ」  クスリ、と微笑む蛍。その顔はどこか嬉しそうに見えた。 「ふむ、二人とも同じ物買っちゃったんですよね」  なんて偉そうな …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー16

2023年1月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ぶ〜。私は絶対レミちゃん狙いだと思ったんだけどな〜」 「僕はミカも可愛いと思っているよ」  なんだ〜、といった様子で頬を膨らませるミカ。そんな彼女に対して輝希は優し …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です