このサイトはweb漫画家マーティー木下の平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 メインコンテンツはオリジナル漫画となります。 どうぞお楽しみください。
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂 1ー2

男はビシッと言い切った。腕組み仁王立ちで。ボランティア部に入ってくれ、と。

「はぇ?」

 真子の間抜け声。当然だった。帰宅部の真子。先程まで駅前にいた真子。一人楽しく虚しくカラオケな真子。別に寂しくない。嘘、やっぱ寂しい。そこへ突然現れた男。姿をみる間もなく、あっという間に拉致られる。その目的は、

「ボランティア部に入ってくれ?」

「うん!!」

 男はキッパリ。

「……はぁ」

 げんなりだった。自分は何を期待していたのだろう。

 真子は帰宅部だ。放課後は直帰。それか寄り道。つまり、

「……もう帰りますね」

「ちょっ、話し聞けよっ!!」

 がしっ、と肩を掴まれる。相変わらず力強い。動けない。

「……わかりました」

「うんうん、わかってくれたか」

 笑顔で肩から手をどける。

「いやっ、やっぱわかんないです!!」

 我ながら、ナイスフェイントだ。真子は自画自賛。軽やかに男の横を抜け、廊下にーー

「おっと」

「へぶっ!!」

 脱走失敗。足をかけられた。派手に躓く。顔から床へダイブ。すごく痛い。

「あぅ……」

 真子は鼻を押さえて、立ち上がる。顔がズキズキ痛む。

「ごめん、なんか逃げる気満々だったから、つい」

 相変わらず笑顔な先輩。悪意のない微笑みだ。だから逆に腹立たしい。真子は満面の笑みで敵意を込め、

「いや、そうなんですけどね。超帰りたんいで」

「そんなこと言わず、ちょっと話そうよ」

 グイグイ背中を押され、教室真ん中、向かい合った机の所へ。もう仕方ない。こうなったら、適当に相手に合わせよう。

「はあ、なんでこんなことに……」

「まあ、元気出せよ」

 落ち込む真子の肩を手でバシバシ。糞だ、この先輩。真子は殺意の視線を送る。無意味だったが。

「もうホント……早くして下さいよ」

「まあまあ、そう悲観するなよ。世の中には無理矢理に拉致られて、変な組織に入れられちゃうパターンだってあるんだぞ」

「それ完全に今じゃないですか!!」

 強く大きいツッコミが、第四準備室に響いた。

         ★

 禄那よしな市立美咲みさき高等学校。平均的な偏差値。特徴のない茶色のブレザー制服。既存学科は普通科のみ。いたって普通の高校だ。

 そこにある、とある教室。第四準備室。

 校舎のB棟。二階の奥にある特別室。何の授業や部活にも使われていない不思議な教室。

「ボランティア部の部室だったんだ……」

 呟いたのは真子。椅子に座りながら小さく呟く。

 時刻は六時半。十月の空はかなり暗い。大気も冷たい。でも真子は帰れない。用意された椅子に座り、机を挟んで小柄な先輩ーー椎野実しいのみのると向かい合う。

「でもボランティア部なんて、聞いた事ないですよ? 学校紹介でも聞きませんでしたし」

 実はニッコリ笑って、

「まあ、正式には部じゃないけどね。人少ないから」

「じゃあ、同好会ですか?」

 六人以上で部活、三人以上で同好会。それが美咲高校の規則だ。

「うん。きみを入れて三人だから、同好会だよ」

「小声で私を含めないでください!!」

 真子はさらに呆れて溜め息。だが実は懲りずに、

「まあ、あれだよ。入って。ボランティア部に」

「……またですか」

 さすがにしつこい。またキレそうだ。でも真子は堪える。それではキリがない。一度深呼吸して、

「……なんとしても、部(?)員を入れたいんですよね…… まあ、人の少なさには同情しますけど……」

「わかった。じゃあ、この入部届けを書いて、担任に出しといてね」

「何がわかったの!? 入るって言ってませんよ!」

「えぇ!! 違うの!?」

「いや、同情しただけですからっ」

 ブンブン手を振り、誤解を解く。ここでキレてはいけない。

「なんだ、そっかぁ……」

 実のテンションはダウン。再び椅子に腰掛ける。だが口元には笑み。なにか嫌な予感がした。実は手を組み、何かを思案するポーズをとる。そして、

「いや〜〜俺も同情はするよ」

「はい?」

 疑問に思う真子に、満面の笑みで、

「いや、一人でカラオケ行ってたことだよ」

「なっ!! このタイミングでそれを!?」

 完全な不意打ちだ。顔が赤くなるのがわかる。思えば確かに恥ずかしい。見られたくなかった。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

こちらもよろしくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です