オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー8

エンジェルゲートサムネ

 テーブルにがくっと項垂れるレミ。どうやらその赤いなんとかが見れずに落ち込んでいるらしい。でもなんで今ここでそれを言うのだろう。輝希は戸惑いながら、

「で、さっきからその、レミさんは何の話をしているの?」

「まだわからないんですかっ」

  ダン! とテーブルを叩いたのは意外にもミカだった。彼女は珍しく眉を寄せて怒った様子で、

「レミちゃんはね赤トラの大ファンなんですっ! だから初回は通常放送でリアルタイムでみないと気が済まないんですよ。でもプライドも高くて放送を逃した事を人のせいにも出来ないんですよ。だからこうしてやりきれない思いがうっすらと出てしまうんですよ!」

「いや、そんな事を僕に言われても……」

「増田さん、そこは素直に謝ってください。じゃないとレミちゃんはもっと面倒くさくなりますよ」

 なぜか輝希に謝罪を求めるミカ。正直言うと君も面倒くさいよ。と心の中で愚痴る。というよりこのやりとりでミカという少女に対する印象が随分と変わった。初見はまるで天使みたいな女の子だな(まあ実際に天使だったのだが)と思ったのだが、なんというか、思いの外口が悪いのだ。そしてその自覚が本人にないという事が余計タチが悪い。レミとは違う意味でクセのある子だった。まあふたりとも残念美人な気がするというところは共通しているのだが。グイグイと言葉で輝気を責めるミカ。ちなみに彼女は気付いていないかもしれないがレミの事も割とボロクソに言っている。するとその荒ぶる肩にポンとレミは手を置いた。そして首をふるふると横に振り子供を宥なだめるように、

「いいんだ、いいんだよミカ。私は赤トラの視聴率さえ上がってくれれば……たとえこの少年が天へと上がらなくてもな」

「レ、レミちゃん。なんて赤トラ魂……でも社会人としては失格ですね」

「うん、上手い事は言えてないからね。あと仕事を放棄しないで。ちゃんとやってよ」

 手を口元にもっていき感動しているミカ。レミはドヤ顔。そして呆れた様子のツッコミをする輝気。と三者三様のリアクションをとった後で、

「と、まあそういう事で気にするな。これは私の実力不足だ。断じて増田のせいではないのだ」

「いや目が怖い。目が怖い。こっちみないでよ。怖いから」

 ギロッと彼を睨むレミ。その目には恨み満タンといった様子だった。どうやら輝気の魂を運ぶ過程で問題があったようで、そのせいで好きなドラマが見れなかったということらしい。レミはぷいっとそっぽを向きぼやくように、

「ふん。たまにいるのだ。中々天界へと持っていけない、魂の強い手こずるやつがな」

「魂が強い?」

「ああ。ちなみにこの強いというのは別に肉体とか権力という意味ではないからな……私達にしか分からない魂そのものの強さ、そうだな、精神力とでもいうのかな」

 適切な言葉を探すレミ。精神力、その言葉で漠然とだが想像出来る気がした。きっと意思というか心の強さというか、とにかくそういった目に見えない何かを指しているのだろう。と輝希が考えていると、

「そのどちらもなさそうな増田さんには分かりやすいですよね」

 増田さんは特出した身体能力でもない、ついでに社会的地位もない。だから魂の強いが意図するところがご自身を考えればわかりますよね? そう言った意味合いの事を笑顔で言うミカ。やっぱ彼女は天然毒舌だった。

「まあ言いたいことは分かるけど君はなんかさっきからうるさいね」

「辛辣なレミちゃんの言葉をソフトにウェットに包むのが私の役目ですので」

「いや、多分お前の方が増田に対して冷たいぞ」

「そうです?」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3−7

2024年6月16日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
え? 私のやりたい事ですか?」 「ええ。まあ初めの内は私達の活動を見ていればいいんじゃない? 慣れてきたらその時にまた決めればいいわ」 「確かにそうですね。まだ解らな …
no image 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集21

2024年4月23日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 早見沙織さんええ声や好き 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー4

2023年1月23日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
それは彼の記憶に曖昧に残る3月6日の出来事。  輝希はその日ある少女と遊ぶ(デートと呼んでもいいのかも知れない)約束をしていた。午後0時50分待ち合わせより10分早く待ち合 …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂4−2

2024年7月7日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「おいおい、真木。別に俺はエロ本を探しに来たわけじゃないぜ。ていうかお前が言った所って焼却炉じゃねえか。見つけても読めねえだろ」 「え、違うの? じゃあ何であんたがここにい …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー9

2023年2月6日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……ですよね」 「何かいいました?」 「いや別に、ってか違うよ、レミにあげるのはこのイヤホンだけだよ」 「じゃあなんで買うんですか、素直に白状しないとこの後の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です