オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー15

エンジェルゲートサムネ

「増田、おはよう」

 増田家のテーブルにはざっと目につくだけでも、肉じゃが、エビチリ、スパゲッティ、サラダ、それと他にも主菜が数点、と和洋中おかまいなしの蛍の得意料理が並んでいた。そこに礼儀よく席についてコーヒーを啜りながら待っていたレミが輝希に声をかける。逆にミカはいますぐにでも料理に食らいつきそうな顔をしていた。そしてバッと顔をあげてキラキラと目を輝かせて、

「ご主人、私は今日、ご主人の家に来て初めて感謝しました。見た事ないものがたくさんあります」

 などど失礼な事を言った。ちなみにいつもの食事は全て輝希が作っており、ミカは文句言う事なく笑顔で食べていたのだが。どうやら僕では彼女を幸せには出来なかったらしい。

「よかったな、じゃあ赤土家の子になるか」

「いや毎日はこんなに作らんからね」

 笑いながら冗談を言う輝希に、おいおいと言った様子の蛍。なんだかこうしていると、まるでこの4人と家族にでもなった気がして微笑ましかった。まあこの場合蛍が奥さんなんだが、それを本人に言うとまたからかわれそうだな、と輝希は思う。するとそこで僕達の娘もといレミが、

「確かにこれはたいしたものだな。作り方を教えてもらいたいぐらいだ」

 顎に手をあて感心したように呟くのだ。それに反応して蛍は彼女の横に歩み寄る。

「え、なにレミちゃん、料理に興味あるんだ〜」

 それは輝希も意外だった。今までは輝希が料理をしていても無関心だったのに。何か彼女の中で心境の変化があったのだろうか。そう思っていると、

「うむ、さすがにお荷物のままこの家に一生住まうのは申し訳ないからな」

「さすがレミちゃん。元課長!」

「元ではない。課長の席は私のままだ」

「ちょっ、何言ってんだよ!」

 油断していた。ここまで余計な事は言わなかったようなので完全な不意打ち。だがそれはレミが悪いと言うわけではない。それは事実でもあるし真面目なレミにとっては冗談でもなく、本当に大事な事だったのだろう。でも蛍にそれをこんな早い段階で明かしてほしくはなかった。輝希は思わず椅子から飛び上がりテーブルをガタッと揺らしてしまった。

「え、レミちゃん、一生ってどういう事?」

 レミの横できょとんとする蛍。気のせいかその顔色は真っ青だった。まさか彼女がそこまでの反応をするとは思わなくてレミも少々面食らっている。輝希はそんなレミに代わり椅子から立ち上がって、

「いや、あれだよ、ちょっと親戚間で問題があって、そういう事になりそうって事だから。別に変な意味じゃなくてね」

 言いながら輝希は思う。そういえば親戚なのだから、別に一生住まう事になってもそこまでおかしくはないのではないだろうか。だとしたら蛍は何故あそこまでの反応をしたのだろう。不安になりながらも彼女の様子を見守ると、蛍は下を向きながらボソッととんでもない事を言った。

「そうなんだ……じゃあ私も住もうかな」

「はい!?」

 耳を疑った。別に嫌という意味ではないが。なんと返すのがベストなのだろう、答えを考え倦ねていると彼女は続けて、

「だって、輝希と若い、しかもこんな可愛い子二人をずっと一緒に住ませるなんて心配だし」

「いや可愛いって言っても二人は親戚だし、それは色んな意味で困ると言うか」

 バタバタと手を横に振り否定する輝希。いやここは男として住んでくれ、俺はお前しかみていない。とぐらい言ったほうが良かったのでは、と思っていると、

「あはは、冗談だって、冗談。いいよレミちゃん。その心意気は大事だよ。私が色々教えてあげるよ」

 そう答えた蛍の顔は先程とは別人のようだった。顔色はあっという間に血色がよくなっており、あの真っ青な表情が嘘の様だ。最近こういう事が多いよな。と蛍が時折情緒不安定な様子を見せる事が、輝希はどうも引っかかっていた。しかし今ここで言う様な事でもないだろう。そう思い心配ながらもその考えは頭の隅に追いやった。

「ふむ、それは助かるな。出来れば増田との絡み方も教えて欲しいものだ」

「そっか、じゃあ教えてあげる。輝の恥ずかしい秘密とか」

「あ、それ私も聞きたいです。それで脅して晩ご飯のグレードアップを要求します」

「おいこら、やめろよ、みんなして」

 なんだかワイワイと盛り上がりを見せる女子三人。慌てて身を乗り出す輝希だが女子会の壁は壊せない、蛍を主として増田輝希のあれこれが次々と暴露されていく。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
no image 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集20

2024年4月23日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 野水伊織さんええ声や好き 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー6

2023年2月4日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「増田さん、これなんです?」 「ああ、これはヘッドホンだよ」  イヤホン売り場を二人であれこれ見ていると、ミカが不思議そうな顔をして箱に入った商品を手に持つ。黒色の両 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー4

2023年2月4日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 なおも疑いを緩めないミカ。まあ、でも店内を少し回ればそんな生物がいない事ぐらいわかるだろう。 「ホントだって。さあ入り口にずっといたって邪魔だろ? 早く入ろう」 「 …
no image 伝説の詩人・雪平重然の自由詩集

歴史の闇 平安詩人バトルロワイヤルで命を落とした伝説の詩人・雪平重然の自由詩集8

2024年4月8日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
※この記事はフィクションです。 平安詩人バトルロワイヤルとは 平安詩人バトルロワイヤルとは 和歌全盛期に行われた最強の …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー1

2023年1月26日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
2 天使達とチクワ  それは4月のある日の事だった。  畠山市の中心から少し離れた所にある住宅街。その中に少年ーー増田輝希の自宅はあった。彼が産まれる少し前に親が新築 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー16

2023年3月27日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「それは、確か」 「ああ、マーガリンだ。朝ミカの奴が持っていてな。使えると思って持って来た」  そう、レミが手に持っていたのは朝ミカがパンに塗っていたマーガリンの箱だ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です