オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第1章ー13

エンジェルゲートサムネ

心の中で二人の名前を口にする輝希。彼は徐々に迫るお別れを噛み締めるように、二人が天界へと帰っていく姿を静かに見つめ続ける。すると、

 ゴンッ!

「うっ」「ったいです」

 弾んだ中低音とともにおかしな声を出す二人。ゴンと変な音がしたが別に彼女達は何かにぶつかったわけではない。いや輝希の目にはそうとしか思えないのだ。事実、彼女達の身体は天井にも届いておらず、輝希が壁に貼ったバンドのポスターの上端ぐらいにしか届いていない。しかし彼女達は、まるで見えない壁にでもぶつかったようにその行くてを阻まれたのだ。

 地面へと崩れた二人。各々ぶつかった箇所を手で押さえている。一体何が起きたのか。輝希はごくり、と唾を飲み二人をじっとみつめる。するとレミは今まで一番真剣な顔で、

「増田、天井が邪魔だ。取り払うぞ」

「いやそもそも天井にすら届いてないから!」

 いきなりとんでもない事を言い出すレミ。誰の目からみても明らかに天井が邪魔したようには見えない。すると彼女はさらにとんでもない物言いをはじめるのだ。

「いやあれだよ、別に私が飛べないから取り払うと言ってるわけじゃないよ。ただこれは増田のために言ってるんだ。この家にはさ屋根も、ついでに壁もない方がいいんだよ。。ほら風水的にも、あの、えっと、ヴィジュアル的にも」

「だとしたら僕はその風水師の正気を疑う」

「いいじゃないですか、将来的にはそういったお住まいにされるんでしょう? えっと、ダンボールハウス? とかいう」

「あれは別になりたくてなるものじゃないから……いいから早く続きをはじめてよ」

 と言って彼女達に帰るよう促す輝希。別にこれは彼女達が嫌いだから言っているわけではない。彼女達もそれが分かっているのか特に反論する様子もなく、

「とはいえ、なぜ上へ帰れんのだ……」

「ええ……この感じだと、まだ私達は増田さんの担当になっているとしか思えませんね」

 輝希に背を向けて隅で会議を始める二人。天使達は一回魂の回収を請け負ってしまうと、その魂を持ち帰るまで天界には戻れない。というルールを持っていた。レミはミカの意見を受けて、やはりかと言った様子で、

「だよな……しかし増田は生きていたんだぞ」

「ですよね。それでは回収のしようがありませんし……」

「そうだな……とりあえず上に状況報告をしておこう。あと死亡報告装置のメンテナンスも申請しておかなければ……この状態は私ではどうしようもならないな」

「ですね……じゃあ私達は」

「うむ」

 互いを見て頷く二人。結論が出たのだろうか。くるっと二人はこちらを振り向き、レミは迷いのない様子で、

「増田」

「はい」

「今日泊まっていい?」

「やだよ、何その展開? さっきのしんみりした空気をどうしてくれるのさ」

 とまさかの宿泊宣言。それが嬉しくない訳ではないのだが、なぜそんな展開になったのかが全然分からない。しかし彼女は構わず、

「いや、それとこれは別問題だぞ。だって帰れないんだぞ。ならお前んちに泊まるしかないだろ。」

「帰れないからってすぐにそうはならないだろ……え? 本当に帰れそうにないの?」

「はい。じゃなければ私達だってこんな事はいいません。それに増田さんは先程私達に感謝しましたよね。ありがとう、と。ならば泊めるべきですよ。増田さんはラッキーですよ。だって感謝した相手をもてなせるんですから。よってあなたは私達を泊める義務があります」

「うん。そんな態度じゃなければ考えるかも知れないな」

 なぜか上から目線の二人。ちくしょう、さっきの感動的な雰囲気を帰せよ、と彼は思う。しかし泊めてくれ。そう言われた時、心のどこかで彼は安心してしまった。喜んではいけない事だとはわかっている。しかしそうわかってはいても心は嘘をつけなかった。

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
日常のつぶやきみたいな記事が多いので気軽に読んでください。

オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
こちらもよろしくお願いします
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー9

2023年5月15日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「え? 今なんて?」 「わかったって言ったんです!!」 「え? マジ? じゃあ」  希望が見えた。実は喜びで痛みを忘れて、立ち上がる。 「ただし! 条件が …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー6

2023年5月7日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
夕暮れ。オレンジ色に染まる校舎。本日の授業は全て終了した。部活が休みの千佳子と共に、真子は帰路につく。疲れたので今日は、寄り道をやめた。 「ふう〜、やっと終わった〜」  …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー10

2023年2月7日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「あー、これいいな」「これいい感じだな」  偶然隣にいた客と声が重なった。その女性は輝希と同い年ぐらいの少女で、ミカよりもっとスッキリした前下がりショートカット、レミより細 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー19

2023年3月30日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 だからこの作戦はレミ自身も囮。彼女にはもう一つ駒があるではないかーーレミの部下である天使ミカ。  本命はもう一人の天使を使った二重の奇襲だろう。いや、本命というより狙いは …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂 1ー2

2023年4月18日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
男はビシッと言い切った。腕組み仁王立ちで。ボランティア部に入ってくれ、と。 「はぇ?」  真子の間抜け声。当然だった。帰宅部の真子。先程まで駅前にいた真子。一人楽しく …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です