― TAG ―

ボラ魂

オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3−7

2024年6月16日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
え? 私のやりたい事ですか?」 「ええ。まあ初めの内は私達の活動を見ていればいいんじゃない? 慣れてきたらその時にまた決めればいいわ」 「確かにそうですね。まだ解らな …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー6

2024年6月9日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 素っ頓狂な声を上げた柚菜。珍しく顔は真っ赤だ。柚菜らしくない慌てた口調で、 「いい加減にしてっ! ふざけてないで続きをやるわよっ」 「ぶ〜。なんでだよ〜。いいだろこ …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー5

2024年6月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「いや、なんの略語でもないですよ。これでフルネームですから」 「オレわかったよ! 私の取り巻きは全員マッコイズの略だね!(キリっ)」 「……」 「……よし。これ …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー4

2024年5月26日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「はい……何ですか?」  すうっ、と柚菜は息を吸い、 「あなたは“すごいVヴィジュアルボーイ・ま〜さし”が好きで月刊VーLIFEの質問コーナーに投稿して、意味の解らな …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー3

2024年5月19日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「え〜と、じゃあ、ゴホン」  黒板前の教壇へと立った実。わざとらしく咳払いを一回。ちなみに柚菜はその隣の椅子にちょこん、と座っている。真子は黒板正面の席に着き待機。すると実 …
オリジナル小説

オリジナル小説 ボラ魂3ー2

2024年5月12日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「……なんかスゴいバンド名ですね。聞いた事ないですよ……」 「そう? まあ確かにコアな人達ではあるわね」 「ま〜さしとかは聞かないんですか?」 「いいえ、聞いて …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂3ー1

2023年8月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
3 ようこそボランティア部へ 「あは〜。柚菜さんてそんな人だったんだね〜」 「そうなんだよ〜。は〜あ。あの日は散々な目にあったな〜」  真子がボランティア部へ入 …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー25

2023年7月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「はあ。そうなんですか」 「ええ……用はそれだけ? もうすぐHR始まるわよ」  早々に話しを打ち切ろうとする柚菜。でも、だめだ。まだ 肝心な事を言えていない。真子はす …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー24

2023年7月25日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
『真子』  ーーそう言って和也はいつもの挑発的な笑みを浮かべる。私はそれに対抗するように意地悪な笑顔を返す。そして二人で仲良く喧嘩する。うん。いつもの光景だ。 『真子 …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂 2ー23

2023年7月2日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
『何一人でブツクサ言ってんだ?』  気付くと横に和也が立っていた。真子は椅子から飛び上がり、 『なっ!? え!? い、いつからそこにっ?』 『今来たばっかだよ。 …