オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第2章ー20

エンジェルゲートサムネ

「とっ」

 椅子にでも躓いたのだろうか。ぐらっとゆっくり傾く彼女の身体、蛍はその場に倒れかけそうになる。

「あぶないっ」

 輝希はすかさず声を上げたがテーブルの向こうにいる蛍には遠い。とても間に合いそうにない。ミカも気付いたようだが、絶賛食事中だった彼女では蛍に近いとは言え助けるのは無理だろう。

「大丈夫か蛍」

 彼女の身体を抱えたのはレミ。俊敏な動きで蛍を下からしっかりと支える。食器等を持つ前だったので幸い破損物はなく、蛍自身もレミのおかげで怪我はないようだ。輝希はホッと胸を撫で下ろす。しかし、ただ躓いただけなのだろうか。気のせいか蛍の顔色は先程に比べて悪く見える。

「ごめん、レミちゃん大丈夫?」

「いや、私は大丈夫だ……だがこれは」

 別に痛みなどはなかった、だがレミは気難しい顔をしていた。そう、レミは蛍に触れた時に奇妙な感覚を得ていた。それはまるで人間とは違う力の存在、そしてどこか輝希に感じたものと似ていて、

「イワン?」

 そうレミは口にした。イワン、レミの部下だった青年の天使。そう、なぜか蛍の身体からはイワンの気配、そしてその力が強く感じられたのだ。そして不可思議だったのはそれだけではない。彼女の身体は温もりが一切感じられなかったのだ。とはいえ天使達には体温がない。だから別にその事に不自然さは感じないのだが、だが輝希や他の人間に触れた時とは全く違った。つまり人間には当然あるものが彼女には存在しなかったのだ。

「っ! どうしたの? レミちゃん」

 イワン。その言葉を聞いた時、蛍は明らかに強い反応を示した。そして誤摩化すように満面の笑みを浮かべる。彼女の態度はどう考えても不自然だった。

「蛍、その身体をよく見せてくれるか?」

 これは今ここで確かめておくべきだな。レミはそう考えてもう一度彼女へと手を伸ばす。すると、

「触るなっ!!」

 その大声と同時にレミの手を弾く高い音がリビングに響き渡る。事態を見守っていたミカと輝希。特に輝希は驚いた様子で心配そうに目を見開いてこちらを見ていた。

「蛍?」

 一体何が? 不安そうに言葉を口にする輝希。蛍はその声にハッとした様子で彼を振り向く。そこでどうやら自分のした事、周りの空気に気付いたようだった。

「ごめん、私もう帰るね」

 しばらくの沈黙の後、彼女は申し訳なさそうにそう口にした。荷物は料理の材料だけだったらしく彼女はそのまま扉の方へと向かって行く。

「待って蛍」

 しかしその言葉は虚しく宙を舞う。彼の制止も聞かず蛍はリビングから出て行ってしまう。輝希はギリッと未だ床に座るレミを睨みつけて、

「何を言ったんだ!? 蛍を傷つけるような事を言ったのか!?」

 今までレミにここまで大声をあげる事があっただろうか。いや今まで誰かにここまで感情的になる事があったのだろうか。それほどまでに、蛍を傷つけたかもしれないレミに対して彼は頭にきていた。だが状況だけみれば彼女も被害者かも知れない。しかし今の輝希にはそんな考えは回らない。

「すまない、少し確かめたい事があって」

 突然の蛍の変貌、それに輝希の怒声、それらに少々動揺した様子のレミ。だが彼女はそれらには触れず素直に詫びを述べる。その態度をみればレミが一方的に悪くないのは一目瞭然だった。

「ごめん、大声出して、話は後で聞くよ」

 そう言い急いで扉も閉めずに部屋を後にする輝希。廊下を駆け抜けてスニーカーに履き替えて玄関を後にする。慌てて外に出ると彼女はまだすぐそこにた。夜の帳の中、何故か立ち尽くしている彼女の背中に向けて、

「蛍、ごめん。レミが迷惑をかけたんなら僕が謝る。本当にごめん」

 そう言って輝希は頭を下げた。その声に反応して彼女がこちらを向いたが、お辞儀をしている輝希は分からない。蛍は彼が追ってきた事に少し驚いていたが、すぐに落ち着いた様子で、

「ううん、あの子は何もしてないよ。すごくいい子だよ」

「だったら、なんであんな事を?」

 そう、さっきの彼女のは明らかに様子がおかしい。レミに原因がないなら一体何が? そう思い輝希は問い掛けたのだが、

「ううん、本当はそんな事思ってないや……はあ、私嫌な子だ。でも仕方ないか」

 しかしその問いに彼女は答えなかった。聞こえてはいたはずだ。でも彼女はまるで独り言のようにそう呟くのだ。そして、

「蛍? 何を言ってーー」

 訝しむ輝希に向けて彼女は言うのだ。いつもの屈託のない、でもどこか陰りのある笑顔で、

「だって私も、もっと輝希のそばにいたいからさ」

ABOUT ME
マーティー木下@web漫画家
web漫画家です。 両親が詐欺被害に遭い、全てのお金と職を失いました。 3億円分程の資産を失いました。 借金は800万円程あります。 他に会社に再就職して、 親の老後資金と自分の為に 働きながら漫画を描いております。 どうかお力添えをよろしくお願いします。 拡散などをしていただけると非常にありがたいです。
マーティー木下

この度はこのようなクソ底辺web漫画家のサイトにお越しいただきありがとうございました。
オリジナル漫画は下記リンクから飛べますので是非ごらんください。

外部サイトではジャンプルーキーでメインに活動しておりますのでよろしければご覧ください。

https://rookie.shonenjump.com/series/pGBIkZl4AbQ
ジャンプルーキー連載ページ
マーティー木下の代表作 自称いけづらの浅間君が主人公の漫画です。
いけづらってなんだろ、いけづらってなに。 自称いけづらの浅間愁と周りが繰り広げるぐだぐたコメディ漫画です。 短いページ数ですので、是非気軽にお読みください。

池面ーいけづらーhttps://mkinoshita-home.com/?p=908


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。
オリジナル小説エンジェルゲートあらすじ

少年、増田 輝希(ますだ てるき)は天使に取り憑かれていた。
「ご主人〜」
そう可愛らしい声で彼を呼ぶのは天使のミカ。
薄桃色のショートボブの少女だった。
「増田のマスター」
その隣で不機嫌そうに呟くもうひとりの天使レミ。
小麦色の褐色肌、さらっした黒の長髪を風になびかせていた。
この二人はタイプは違えど共に整った容姿をしており、何も知らない人がみれば羨むような状況だろう。だが、当の本人輝希の顔は浮かない。彼は二人の天使を交互に見て思うのだ。
一体、なんでこんな事になってしまったのかと。

*少年と天使が織りなすラブコメディです。

2011年頃に書いた作品になります。拙い作品ですがよろしくお願い致します。


小説家になろうにも掲載されている、私が昔書いたライトノベルの紹介です。

オリジナル小説ボラ魂あらすじ

私、真木真子は努力が嫌いだ。
禄那(よしな)市立美咲(みさき)高等学校に通う一年生・真木真子(まきまこ)。
毎日をぼんやりと過ごしていた彼女の前に、
ある日突然現れた先輩・椎野実(しいのみのる)。そして彼は戸惑う真子にこう言い放つ。
「ボランティア部に入ってくれ!!」

*ボランティア部を舞台にしたラブコメ作品です。2010年頃に書いた作品になります。
データが残っていたので、せっかくなのでサイトに順次掲載していきたいと思います。
めちゃくちゃ拙いですがよろしくお願いします。

https://mkinoshita-home.com/?p=2446
https://mkinoshita-home.com/?p=2975
https://mkinoshita-home.com/?p=3088
こちらもよろしくお願いします
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

無料オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー24

2023年4月4日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「もう、お別れのようだな……」  よく見るとイワンの身体は薄く光りに包まれており、彼の身体は先端の方からまるで光の粒にも似たものへと …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第3章ー14

2023年2月9日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
 別に期待していた訳ではなかった。ただ、もし死んだとしても会えると思っていた。天使達である彼女達ミカとレミには。天界にいっても、いつか、どこか、もしかしたらいつでも、そんな風に考 …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

無料オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー23

2023年4月3日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「少し、黙って、くれ、遠藤、とやらの記憶よ」  頭を押さえてイワンは遠藤の記憶を隅へと追いやる。なるほど、一度理解してしまえば容易い …
エンジェルゲートサムネ オリジナル小説

オリジナル小説 エンジェルゲート第4章ー18

2023年3月29日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
「ふ、なるほど」  渡り廊下の内側の隅、そこにあったのは剥き出しのチクワが一本。天使の力の正体はどうやらこれのようだ、そしてこれがここにあるという事は、 「レミはこの …
オリジナル小説

無料オリジナル小説 ボラ魂2ー6

2023年5月7日
3億円詐欺られたweb漫画家・マーティー木下の部屋
夕暮れ。オレンジ色に染まる校舎。本日の授業は全て終了した。部活が休みの千佳子と共に、真子は帰路につく。疲れたので今日は、寄り道をやめた。 「ふう〜、やっと終わった〜」  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です